尼ヶ禿山から迦葉山


  曲は Tender Lullaby

                        迦葉山〜弥勒寺


頂からは赤城山や子持山が大きく、遠くには榛名山が霞んでいる。迦葉山の下りは急降下の道である。岩場の間をくぐったり、へつったりもする。落葉が積もっているので、滑り台を降りるような感じである。慎重にゆっくりと下る。やがて大きな岩塔にでる。『胎内潜り和尚台』と呼ばれるところだ。鎖が垂れ下がり、岩の割れ目は霊場となっている。ここからは秋色に染まったブナ林を楽しみながら、のんびりと下ってゆく。そよ風でも葉はぱらぱらと舞い落ちる。秋のやすらぎの時が流れてゆく。15時半に迦葉山・弥勒寺につく。嘉祥元年(848年)に開祖されたという曹洞宗の名刹である。本殿には大天狗面が奉納されている。参道には実に見事な杉の巨木がある。

    

         胎内潜り和尚台

     

      

         

  

  

                     弥勒寺

             

                   前へ