玉原高原と迦葉山のブナ(写真1)


  曲は Tender Lullaby

玉原高原・ブナ平のブナは有名で、写真家も多く訪れる。
その近くではあるが、迦葉山と尼ヶ禿山の間の白樺湿原付近のブナ林は
人に会うこともなく、桃源郷の世界である。
いつまでも、このブナ林を残しておきたいという気持ちから
ホームページに載せるにはためらいがあった。

ブナは金の露。私達に潤いと夢をはこんでくれる。

群馬県の山

沼田駅〜玉原高原〜ブナ平〜玉原高原〜弥勒寺〜迦葉山・ブナの広場〜弥勒寺〜川場〜沼田インター
登山日 2005年6月18日〜19日
参加者 2名
天候  18日(晴のち曇)、19日(晴のち曇)
コース・タイム(迦葉山)
 迦葉山(かしょうさん)弥勒寺10:10-11:34迦葉山1322M-12:15白樺湿原の少し先のブナの広場(昼食)12:40-13:30迦葉山-14:33弥勒寺

 昨秋、尼ヶ禿山から迦葉山にミニ縦走した時に、白樺湿原付近にすばらしいブナ林があった。その時は葉がすべて落ちた後だったので、緑の瑞々しい今の時期にふたたび訪れたいと思った。明日迦葉山に同行するO君より一足早く、前日に玉原高原に入る。探鳥を目的にブナ平への道を辿ったが、エゾハルゼミの鳴く音にかき消されて、野鳥の囀りはあまり聞くことができなかった。というより、蝉時雨におされて、囀らないということかも知れない。でも、のんびりと緑にもえるブナを楽しみ、玉原湿原ではズミやハクサンタイゲキ等の花を楽しんだ。今日は玉原高原に宿泊。

 蝉が鳴く前に探鳥をしようと思い、早朝4時に起床し、森林キャンプ場から鹿俣山に向かって歩き出す。ブナ林がとてもすばらしい。なんだか熊でも出そうな感じの道である。コルリやアカハラが気持ちよく囀っているが、樹木の茂りが濃くて、その姿まで見ることはできなかった。
 7時半に、O君と合流し、玉原湿原を散策後、O君の車で迦葉山・弥勒寺へと向かう。頂上までの距離は短いが、急峻である。ミズナラやブナ等の落葉樹が瑞々しい。ラショウモンカズラ、ギンリョウソウ、ヤマツツジ、サラサドウダン等の花が咲いている。ガスがかかってきて、頂上からの山岳展望は駄目であった。少し下った白樺湿原にはコバイケイソウが咲いており、その少し先の広場には見渡す限りのブナが緑をたたえて林立していた。ブナは私たちをやさしく迎えてくれた。のんびりとオニギリを食べる。これで野鳥の囀りが聞ければ最高なんですけれども、聞こえるのは蝉の声であり、ときどきホトトギスの雄叫びが聞こえてくる。迦葉山への帰路、雨が降ってきたら、凄かった蝉時雨はぴたっと止み、コルリのさわやかな囀りがブナ林を流れていった。雨が止むとふたたび蝉時雨が始まった。
 帰路、川場村のふれあいの家温泉館に立ち寄り、垢を落とす(入浴料350円)。

<観察した野鳥>
ホオジロ、シジュウカラ、ヒガラ、コゲラ、ウグイス、アカハラ、キビタキ、コルリ、カッコウ、ホトトギス、アカゲラ、ハシブトガラス、ニュウナイスズメ、スズメ


ブナ平のブナ等


 

 

 

 

          ブナ地蔵                             ミズメ (カバノキ科)


玉原湿原のウラジロヨウラク等                      


 

         ウラジロヨウラク                            ワタスゲ

 

       コバイケイソウとハクサンタイゲキ                   ツリバナ

                   写真2