アカヤシオの咲き乱れる袈裟丸山

群馬県の山
折場登山口〜小丸山〜折場登山口

登山日 2005年5月9日
参加者 3名
天候  曇

沢入から折場登山口に向かう途中、車の中からであったが、子熊に出会うという幸運に恵まれた。袈裟丸山は山全体がアカヤシオで赤桃色に染まっていた。頻繁に道を外れ、アカヤシオのトンネルの中に入ってゆく。わが身もその色彩に染まってしまいそうな感じがする。ホオジロ、コガラ、シジュウカラ、ヒガラ、コゲラ、アカゲラ、ルリビタキ、コルリ、ウグイス等がさわやかに囀っていた。コガラとコルリの透る音色が特に美しかった。コゲラも目の前でドラミングし、大きく耳に響く。これらの野鳥はその姿をときどき見せてくれた。ヤシオツツジの彩りと野鳥の音楽が程よく調和していた。

 帰路、袈裟丸山の山麓・渡良瀬川畔の富弘美術館に立ち寄った。星野富弘氏の故郷・勢多群東村に建っている。口に筆をくわえて描かれた詩画に心はなごんだ。シロヤシオは美術館の庭で撮った写真である。袈裟丸山のアカヤシオはわが心をあたたかく包み、富弘氏の水彩で描かれた野の花と文字はわが心をやさしく包んでくれた。

 今回の山行は通常のコースタイムの二倍の時間をかけて、ゆっくりと歩いた。いや立ち止まっている時間の方が長かったかもしれない。美術館にも二時間くらいいたと思う。だから山も小丸山までで、袈裟丸山の頂きは踏んでいない。

 このページは夏川りみの「沖縄の風」を聴きながら作成した。
 ♪♪♪ 晴れ渡る日も 雨の日も 浮かぶあの笑顔 ♪♪♪
 花は春の風にかすかに揺れていた。



写真のスクロールまたはスライドショウはこちらのカメラをクリックしてください   

               オリンパス E-300 _ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5で撮影

             写真の上でクリックすると拡大します


−星野富弘氏の詩画から詩を三つ転載−

木は自分で
動きまわることができない
神様に与えられたその場所で
精一杯枝を張り
許された高さまで
一生懸命伸びようとしている
そんな木を
私は友達のように思っている

 
          *
ほんとうのことなら
多くの言葉は
いらない

野の草が風にゆれるように
小さなしぐさにも
輝きがある
           *
悲しくて花を見れば
花はともに悲しみ
うれしくて花を見れば
花はともに
よろこぶ

こころ
荒れた日
花を見れば
花は静かに咲く