鬼怒沼湿原に憩う  *その1*
1982年6月


新しく職場が発足した記念に企画された。往きの東武電車でウイスキーの大瓶をT君と二人で飲み干してしまったから、下戸の私は大変なことに・・・・奥鬼怒温泉までの長時間のバスは苦しいったらなかった。バスの休憩のたびに・・・・。八丁の湯で滝の流れる露天風呂に浸かり、夜はどんちゃん騒ぎして雑魚寝。深酒したにも拘わらず、明くる日はみんな元気に急坂を登って行った(2.5時間位)。鬼怒沼湿原は山上の楽園であった。色とりどりの高山植物が咲いていたが、今でも想い出すのは淡い紅色のヒメシャクナゲの花である。20年という月日はあっという間・・という感じですね。
                                      2003年2月 記

 

  

                                 八丁の湯・露天風呂(背景は滝)

 

  八丁の湯・露天風呂(背景は滝)

 

         鬼怒沼湿原

                        <鬼怒沼湿原・その2へ>