赤城山・駒ヶ岳から黒檜山
 曲はDreem Night
群馬県の山

大洞登山口〜駒ヶ岳〜黒檜山〜黒檜山登山口

登山日 2006年2月17〜18日
参加者 単独
天 候  晴
コース・タイム
 大洞登山口6:50-8:15駒ヶ岳8:30-9:45黒檜山11:30-12:35黒檜山登山口12:45-13:05赤城公園ビジター センター

前日にバスで大沼湖畔まで入る。この神様にお願いすると美人の娘が授かるといわれる赤城神社で安全登山の祈願をし、夜は民宿に泊まる。ここの民宿の料理は種類、量ともに凄く、二〜三人前位のものが膳に並んだ。

 朝、6時40分に宿を発つ。昨日は強風が吹き荒れ、夜中も強風がうなっていたが、出発の頃には穏やかな日よりとなる。岳樺が多く、積雪は50〜100cm位である。朝の雪はクラストしており、一部氷結している。4本爪アイゼンを着けて登高する。稜線に出れば素晴らしい景色が展開する。富士山、南アルプス、八ヶ岳、浅間山、北アルプス、谷川連峰等白銀の山々が見渡せる。岳樺の霧氷が澄んだ蒼空に映えて清々しい。こんな素晴らしい蒼空を見たのは久し振りのことである。霧氷とはまさに雪の花でした。コガラがさわやかに囀り、見上げるとすぐ上の岳樺の梢にとまっている。稜線には小規模な雪庇も発達し、1mを越える雪が積もっている。黒檜山の頂上につくと谷川連峰の右に上州武尊山、尾瀬山塊、日光連山も見えてくる。頂上では105分もの長時間山々を眺めたり、霧氷を見たり、食事をしたりして、至極のんびりとした時を過ごす。駒ガ岳への往き道では一人の登山者にしか会わなかったが、下り道では次々と登ってくる登山者に出会う。そんな光景を見ていたら、ここは百名山なのだなと思った。急峻な道なので、ゆっくりと下ったが、それでもあっという間に登山口についてしまった。大洞への道はシジュウカラ、ヤマガラ、ゴジュウカラが囀っており、春のようなうららかさに包まれた。大沼の池はワカサギ釣りで賑わっていた。今回アイゼンは4本爪を持って行ったが、できれば8本爪を持っていった方が良いと思われた。


写真のスクロールまたはスライドショウはこちらのカメラをクリックしてください   

               オリンパス E-500 _ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5で撮影

コバルトブルーの空に咲く雪の花が美しかった。

 

            赤城神社                       駒ヶ岳との鞍部付近からの黒檜山

 

                              雪の花・岳樺の霧氷

 

            黒檜の大神                            浅間山

 

            谷川連峰

                        次の写真