黒斑山

長野県の山

表コースを往復

登山日 2006年8月29日

参加者 単独

天候  晴のち曇

コース・タイム

車坂峠9:50-11:50中コース分岐-12:10トーミの頭-12:30黒斑山12:55-15:00車坂峠

腰痛のため、7月5日以来二ヶ月近く登山をしていない。そろそろ禁断症状もでてきた。そんな折り、小諸に住んでいる友人のブログに黒斑山(浅間山・第一外輪山)では今ハナイカリやウメバチソウやイワインチンの花が咲いていると書かれており、急に思い立って入山した。早朝、長野新幹線で佐久平駅まで行き、高峰温泉行きの一番バス(8時40分)に乗車する。登山口の車坂峠までは1時間ほどでつく。車坂峠は標高2000m弱であり、黒斑山2414mの頂きまでは標高差440mほどの道のりである。天気はこよなく晴れわたっており、景色も上々。溶岩、ガレ場、針葉樹林の中の緩やかな道で歩きやすい。マツムシソウ、ハナイカリ、ウメバチソウ、イワインチン、ミヤマアキノキリンソウ、コキンレイカ等夏花や秋花で山は彩られている。マツムシソウにはいろいろな蝶が吸蜜にやってくる。クジャクチョウ、シータテハ、ベニヒカゲ、ウラギンヒョウモン、イチモンジセセリ・・・アサギマダラにも会うことができた。帰りのバスも午後は一便(15時52分)だけなので、歩みはゆったりとし、休憩時間も多い。浅間山は大きく聳え、緑の樹海は美しい。シラビソやコメツガの針葉樹林帯ではメボソムシクイやルリビタキが囀っている。下山路では至近距離のルリビタキ、ホシガラス、カケスに巡り会うことができた。ガーッ、ガーッと雄叫びが聞こえ、見上げるとすぐ真上のシラビソの枯れ枝にホシガラスがとまっていた。往きにアサギマダラに会ったお花畑で20分ほど休憩したが、帰りには会うことができず、写真を撮ることはできなかった。下山後に小諸に住む友人と会い、蕎麦屋で酒を飲む。奥秩父の和名倉沢を遡行して以来、6年振りの再会であった。黒斑山は気に入ったので、季節やルートを変えたりして、再び訪れてみたい。


     画像をクリックすると拡大します


トーミの頭と浅間山   蛇骨岳   黒斑山 トーミの頭から俯瞰


高山植物

 ハナイカリ  ハナイカリ ツリガネニンジン  マツムシソウ  アキノキリンソウ
シラタマノキ(実)   オンタデ   オノエイタドリ  ヤマハハコ   ノアザミ
 ウスユキソウ  ミヤマセンキュウ  ツガザクラ  ヒメシャジン  ウメバチソウ
 イワインチン   リンドウ   ヤナギラン  ゴゼンタチバナ(実)  コキンレイカ
 ハクサンフウロ  ネバリノギラン


マツムシソウに集う高山蝶

 クジャクチョウ  クジャクチョウ ウラギンヒョウモン
イチモンジセセリ  ベニヒカゲ  シータテハ


野鳥(写真は2006年8月に富士山で撮影したもの)

ルリビタキ♂ ホシガラス