自由民権運動の地・南佐久の御座山


西上州の山
信濃川上〜男山〜信濃川上〜小海〜山口〜御座山〜上栗毛

登山日 1974年12月29日〜12月30日
参加者 山野(L)、木村
コース・タイム
 ○12月29日 
信濃川上6:53-7:15男山登山口-7:35峠-7:45川平方面からの林道との合流点-7:58見晴台-7:59川平方面からの林道との合流点-8:35手挽坂-9:04男山・天狗山分岐-9:10男山-佐久広瀬方面へ道を間違える-10:02天狗山・佐久広瀬分岐-11:50道を失い引き返す-木こり道を下る-12:15林道-14:30信濃川上15:32-16:00小海16:50-17:40山口-18:00久保の大龍寺(民宿松頼荘)
 ○12月30日 
久保の大龍寺7:20-7:35山口の登山口-9:35ここより山道となる-10:30最後の水場-11:50御座山頂上-12:10南相木・北相木分岐(昼食)12:50-14:15上栗尾-15:20中島

   樹 氷
 佐久の里夏はうづまく
 朝霧の晴れゆくひまを
 し凍みてし凍みてむつき一月きさらぎ二月
 枝々になご樹氷と咲くなり
   (佐久の草笛より佐藤春夫詩)

 島崎藤村や佐藤春夫らによってあまねくうたわれた佐久の高原の抒情性は日に日に失われ、黒木の原生林は急ピッチで伐採されていく。今回の山旅は原生林の美しさに接するためのものでは決してない。むしろ、八ヶ岳や奥秩父の山々のそばでゴミ箱の中へ捨てられようとしている、孤独な山の悲しみに接したかったからなのかも知れない。

12月29日 曇のち雪
 小海線のディーゼル機関車が落葉松林の八ヶ岳の裾野をゆったりと走って行く。小海線と八ヶ岳高原は、なつかしい憶い出がいっぱいある。憶い出の踏み跡をたどりながら黒い雲におおわれた八ヶ岳あたりを見つめる。
 信濃川上駅で降り、千曲川にかかる男山橋を渡り左へ少し歩くと、登山口を示す道標が立っている。朝煙の立ち昇る信濃川上の街を左手に見ながら、広い道を歩いて行く。直ちに男山・垣越山の中間点から派生する尾根の上の峠に着く。木々は根こそぎに伐採され、空しさだけがあたりを覆っている。近くの八ヶ岳や奥秩父においては多少のうしろめたさを感じる伐採も、ここでは大っぴらにできるらしい。禿山に黒々とした突起をみせているのは男山だ。やがて手挽坂に着き、ここより男山頂上まで胸突八丁の急登が30分ほど続く。男山頂上は四方遮るものは何もない。けれど視界は極度に悪く、冷たい風がゆったりと吹いている。頂上付近には若干の雪があり、北面は20cmほど積もっている。ここより天狗山へ向かったのであるが、北へと向かう佐久広瀬への道に迷い込み、あわてて戻る。この頃より雪が舞い始め、"冬の山に来たのだなあ"という感慨が心にしみわたってくる。やがて南斜面に岩穴があらわれゴツゴツとした岩場となる。このあたりが垣越山のようだ。天狗山への道は一本しかなく、道標の矢印もその道を指している。しかし道は途中で切れ、いくら探しても天狗山への道がわからない*1)。途中で磁石がおかしいのではないかと疑ったりする。雪が視界を遮り、もう天狗山へ行くのは諦め、眼下にぼやっと見える林道めがけて西へと一気に下る。林道は何本も走っている。道は幾重にも入りくみ、頭も混乱してくる。雪は水分が多く湿っぽい。しかも林道はアイスバーンになっており、とても歩きにくい。やがて佐久広瀬の川平に着く。全く予想しない所に出てしまい、どのようにしてここまで来たのか探るのに戸惑ってしまう。トンネルをくぐり抜けると信濃川上に出る。街は雪で白く彩られている。汽車で小海まで行く。ここより南相木村の中島まで行く予定であったが、南相木村の人が中島からの道はえらく急な道なので、北相木村から入った方が良いとさかんに奨める。何となく私達の気分も動揺し、バスに揺られて北相木村山口まで行く。山口には宿がなく、久保の大龍寺という曹洞宗のお寺に泊めてもらう。皆とても親切に歓待してくれ有り難い。
 この村(北相木村)も若い者は皆都心へ行ってしまい、過疎化が進んでいるらしい。和尚の話によるとこの村の農家の年間所得は100万円であり、川上村の10分の1だそうである(ちょっと大げさのような感じがするが)。川上村は高原野菜の栽培が成功し、この付近でも富んだ村だそうである。北相木村は寒さが足りなくて、高原野菜の栽培を試みたがうまくいかなかったらしい。梓山のように朝晩の冷え込みが防虫に良く、朝霧が野菜を美味しく育てるのだそうである。そんなわけで、川上村の白菜の塩揉みを食べさせてもらう。
 そのうち、自由民権運動の話しが持ち上がり、明治17年の秩父事件*2)の困窮民一斉蜂起の指導者である菊地貫平や井手為吉、高見沢薫などがこの寺で会合を重ね、蜂起の戦死者のお墓もこのお寺にあることを聞かされる。

  

    天狗山      男山             御座山山頂から八ヶ岳連峰を望む         男山頂上

12月30日 薄曇のち晴
 朝6時、気温はマイナス11度。雪はすっかりと止み、青空をのぞかせている。処女雪を踏みしめながら、落葉松やサワラの林立する林道を一歩一歩進んで行く。南北に伸びる八ヶ岳連峰は新雪で輝いている。やがて、木々が無惨に横たわる大伐採地に出る。林道歩き2時間ほどで右手より林道に入る。山道はモミが多い。沢沿いの緩やかなジグザグ道を一歩一歩登高する。我、歩みはかどらず、しびれを切らした木村君は先へどんどん行ってしまう。昨日の新雪で雪は10〜30cm積もり、山を美しく彩る。
 頂上直下には立派な避難小屋があり、ほんのわずかではあるがツガの原生林に覆われ、私の心を和ませてくれる。11時50分、木村君より大分遅れて御座山の頂に着く。頂上は祠のあるゴツゴツとした岩場であり、西上州、奥秩父、浅間山などが良く見える。しかし、八ヶ岳は黒雲に深く覆われ、その雄姿を隠している。
 下山の途中、今度の山旅で初めて一人の登山者に出会う。南相木村への道はジグザグの急な道であり、駆けるように下って行く。ここでも伐採が激しく、わずかに残った樹々も寒空の下でよたよたと立っている。登山者にとっては伐採は寂しい限りだが、この政治の届かない貧困な村では伐採でもしなければ生きて行けないのだろう。1時間半の下りで上栗尾に着く。ここは寂しい村であり、古ぼけた家がポツンポツンと建っている。ここの村人たちはどうやって生活しているのだろうか。

*1) 私達は垣越山から北へと派生する支尾根に迷い込んだらしい。
*2) 秩父事件(明治17年)
 明治16年を中心とする全国的不況は農民にも深刻な打撃を与え、税金滞納者、子女身売り者、借金者を沢山出現させた。
 事件当時、南佐久郡北相木村(当時の人口450人、現在の人口1632人)は困窮を強いられた農民の中でも困窮度の高い農村の一つであった。
 村の井手為吉は村塾を開き、村の青年達に自由に憧れ民権を尊ぶ気風を作った(自由民権運動)。そして井手為吉や高見沢薫や菊地貫平らは南佐久(特に北相木村)の困窮民を集結して地租軽減、諸税軽減、小作料引き下げ、徴兵忌避などの運動を積極的に展開した。農民の苦しみをよそに東京の鹿鳴館では毎日舞踏会に明け暮れていた。
 そして1884年(明治17年)11月、田村栄助、菊地貫平らによって指導された秩父、群馬、南佐久等の農民を中心とした困窮民(困民軍)が一斉に蜂起し、最高時には約1万人が困民軍に加わり、高利貸や官営を襲撃した。秩父から信州へ転進した困民軍が軍隊と激戦し、鎮圧されたとき100名以上の南佐久農民が逮捕された。
 なお、菊地貫平は東馬流での戦いに敗れたのち、北相木村から川上村に逃走する途中、数日間、御座山に潜んだとのことである。
(参考図書:上原邦一著"佐久自由民権運動史"三一書房)