西上州・神流川大神楽沢から諏訪山



西上州の沢
浜平鉱泉〜大神楽沢出合〜釜ヶ沢出合〜二俣(右俣に入る)〜大滝〜諏訪山〜三笠山〜浜平鉱泉

登山日 1978年5月27日〜28日
参加者 山野(L)、内藤、山本、鈴木
コース・タイム
 ○5月27日(晴)
上野7:53-9:30新町9:50-12:45砥根平-13:15清流荘14:15-14:55浜平鉱泉15:15-15:40釜ヶ沢出合付近(キャンプ)
 ○5月28日(曇のち晴)
キャンプ地5:16-6:35二俣6:50(右俣に入る)-7:30二俣8:37-9:30大滝の上9:52-11:25稜線-11:40無名峰(引き返す)-11:55諏訪山-12:20三笠山13:00-13:35避難小屋-15:20浜平鉱泉(途中車に乗る)-15:50砥根平

 利根川鳥川の支流である神流川は北が西上州地方の雨降山、東御荷鉾山、西御荷鉾山、赤久縄山、鳥帽子岳などほぼ東西に連なる山塊。南は上武国境をなす秩父山地の城峯山、父不見山、二子山、天丸山、三国山であり、西は御座山に連なる上信国境の山々へとうねる大きな流程を持つ支流である。神流川上流は豊かな釣り場であり、昔から多くの釣り人によって親しまれている。諏訪山は交通の便が悪く、高度が低いせいか登山者が少なく静かな山旅を味わうことができる。
 新町から砥根平まではバスで3時間もかかり、おまけに神流湖のあたりは道がくねくねとしており、車酔いしてしまう。しかし、車から降りれば青々とした新緑が眼に入り、気分もだんだん良くなってくる。砥根平から2kmほど歩くと清流荘という民宿があり、ヤマメやイワナを養漁しており(山本君はついこの間イワナ釣りに来て、あまり釣れなくてここで買っていったという話。ヤマメ200円、イワナ500円)、ここでイワナの塩焼きで舌つづみをうつ。林道をしばらく歩くと浜平鉱泉に着き、ここより大神楽沢左岸にとりつけられた山道を登って行く。水はきわめて少なく渓相は貧弱である。出合から25分ほど歩いた所に格好のテントサイトを見つけ、ここに2つのツエルトを設営する。
 内藤さんが小さなイワナを釣り上げたのを手始めに、山本君が日が暮れるまで頑張って6ぴきものイワナを釣り上げる。山本君の言葉によれば、ここのイワナは人馴れしておらず、イワナの色がよそのものより黒いそうだ。夕食は焼き肉とイワナの味噌汁。生い茂る新緑の下で焚火を囲み、9時就寝する。トラツグミがヒョーヒョーと闇夜を鳴き続けている。
 
 5時16分、キャンプ地を発つ。貧弱な渓相のこの谷も、2つほどの滝を越すとゴルジュがあらわれ、やっと沢登りらしくなる。左岸をへつり、ナメ滝を登ると左岸よりトヨ状の10mほどの滝をもった枝沢が注入する。この沢はゴルジュがしばらく続いている。やがて巨岩の中の道となり、F4(10m)があらわれ、右側から越える。岩には捨て縄がとりつけられている。やがて沢は北と南東に大きく分かれる二俣となる。ほぼ直角に折れる右俣に入り、しばらく行くと左岸から枝沢が注入する。この沢は5mの滝の上に20mの大滝があり、水しぶきを上げている。この枝沢の出合で左に折れ、6mの滝を越えると二俣となる。ここからは南へ南へと本流を忠実に遡って行く。5mの滑り易いナメ滝は左側から巻く。この巻き道は悪く、乗越すのに苦労する。その上には20mほどの大滝が近寄りがたい迫力をも持って見事に落下している。大滝も左側から大きく高巻き落口に出る。5mのナメ滝を越えると滝はなくなり、最後の急斜面をつめて行くとヤブ漕ぎをすることもなく稜線に出る。ツメの所では小さな山火事があったらしく、燃え残りが煙を上げており、こげ臭い。諏訪山より100mほど南側へ突き上げたのであるが、北側へ突き上げたと思い込み、少々寄り道をしてしまう。諏訪山頂上付近にはムラサキヤシオが若干残っており、シャクナゲが美しく咲き乱れている。諏訪山から三笠山へは岩場の道であり、真夏のような陽がさんさんと照り輝き、汗ばんで仕様がない。三笠山頂上には三笠山刀利天王をまつる祠があり、大きな展望の中で大休止をとる。三笠山は脆い岩峰であり、稜線通しには下れず少し戻って大神楽沢側を巻いて行く。鎖やハシゴが取り付けられているが道は悪くない。ここには白化したキバナシャクナゲが咲いている(山本君が見つける!)。やがて左の滝行者への道を見送ると避難小屋があり、そこからはジグザグに急降下するようになる。カモシカのごとく駆け下り、15時20分浜平鉱泉に着く。途中、三笠山で出会ったパーティの車に乗せてもらい、あっという間に砥根平に着く。西上州の山はいつきても静かだ。今回も山行中に出会ったのは1パーティだけだった。