冬の玉原高原・ブナ平・写真1
  

上州の山・群馬県の山
登山日 2006年2月24〜25日
参加者 2名

○2月24日(曇、霧深し)
 スノーシューをはき、12時頃からブナ平を目指して歩き始める。玉原スキーパークのキッズガーデン西の大きなブナの木がスタート地点である。
  
積雪は約3メートル。だだっ広いブナ林は四方八方同じような景色のため、ルートファインディングには多少苦労する。尾根も沢も緩やかなのでルートは自在にとれる。北の方角へとルートをとって行く。雪はよく締まっており、ツボ足でも歩けるような感じ。霧が深く、はじめての冬のブナ平を歩くには視界が悪すぎる。これ以上北に行くと藤原湖の方角に下ってしまう地点(ブナ平の入り口付近)から引き返す。
ペンション(バン・デ・ルージュ)に宿泊する。
  

                          霧の中のヤマガラとコガラ

○2月25日(晴)
天気予報は曇であったが、朝から快晴であった。昨日のトレイルを辿って登高する。今日は視界がいいのでルートどりは楽だ。昨日の到達点から西へ西へと進めば、直にブナ平に着く。

           玉原スキーパークから望む上州武尊山・剣ヶ峰山

             

  

                  ブナに咲く雪の花が紺碧の空に映える

  

                             ブナ平への登り

 

                                    写真2