厳しかったクライミング・鳥甲山滝沢


上信越国境の沢
秋山郷・和山温泉〜滝沢出合〜二俣〜カネグラ尾根〜滝沢出合〜屋敷温泉

登山日 1979年10月14日
参加者 単独
天候  晴
コース・タイム
秋山郷・和山温泉6:00-7:30滝沢出合7:50-8:47二俣9:00-10:30カネグラ尾根(下降)-13:20滝沢出合14:20-14:55屋敷温泉

 前の日に職場の山岳部公募山行で、野反湖からここ和山温泉まで総勢20数名でやって来た。「せっかく和山温泉へ行くのだから是非鳥甲山へ登ろう」と思っていたので、早朝皆と別れて独りで山へ向かった。天気はとても良く本来ならすがすがしい朝なのだが、昨夜皆で飲んで騒いだ為か身体がだるく、足どりは軽快とは言えない。和山温泉から1時間半ほど歩くと白沢(白砂川)出合に着く。出合付近で沢は2つに分岐しており、地図から判断すると手前が白沢で奥が滝沢である。ところが運の悪いことに滝沢の出合には白沢砂防ダム工事の甲板が立てられ、実際工事中の雰囲気だ。"おかしいなあ"と思いつつ、滝沢を遡って行く。
 登山計画書に書いた通り、白沢(上流で白嵒沢と赤嵒沢に分かれる)を遡行する予定で沢へ入った。白沢は尾根筋にルートがひらかれる前の鳥甲山へ導く唯一のルートであり、そんなクラシカルなルートに何となく惹かれたわけだ。4年ほど前の"岳人"応募紀行(大野祺郎氏の遙かなる鳥甲山)を読まれた方はご存知だと思うが、あのそそり立つ岩峰に突き上げる沢とはとても思えない易しい初心者向きの沢なのである。
 さて"滝沢"に話を戻そう。はじめのうちは小滝とナメ滝が小気味良く連続するさわやかな沢である。水は堅い岩の上を滑るように流れていく。前方には鳥甲の岩峰が紺色の空にそそり立ち、紅葉は鮮やかな彩りを見せている。太陽は燦々と輝き、真夏のように汗ばむ。1時間ほど遡ると沢は2つに分岐し、右はガラガラとした岩場の沢であり、私は水量豊富な左の沢へ入る。少し遡ると沢はゴルジュ状となり、白沢ではなく滝沢へ入ったことがはっきりとしてくる。右岸は急傾斜のスラブ状岩壁であり、左岸は垂直に近いブッシュ帯である。8mほどのチョックストンをもった滝は途中まで登ってみたものの、上部はオーバーハングしてどうしても登れず下降する。
 このまま引き返すのもしゃくなので、右岸のスラブ状岩壁を登ってこの滝を巻いて行く。最初は易しそうだったので簡単に取り付いたが、途中からホールドは極めて細かくなってくる。おっかなくなって降りようと思ったが後の祭り、どうしても降りられない。仕方なく、微妙なバランスクライミングでじりじりと壁をよじ登って行く。"あ〜あ、またへまをやっちゃったなあ"と嘆き、2年ほど前の姥子山の岩場での失敗を思い出す。単独行は慎重になるとよく言われる。しかし、果たしてそうなのだろうか。私の場合は無理をすることが多く、危険な目にも何度かあっているので、最近は単独行をできるだけ避けてきた。単独行は寂しい。でも誰もいない山塊深く、いろいろな思いを巡らしながら独りしみじみと歩く山旅の感触は何とも言えない"何か"がある。大げさな言い方をするならば心を洗われるような感慨がそこにはある。でも見知らぬ沢へ一人で入ることを私は人には奨めたくない。
 左岸のブッシュ帯では先程から大声で怒鳴っているパーティがいる。しばらく登ると傾斜はやや緩やかになるが、ホールドの細かいスラブ状の岩壁であり、一度足を踏み外したらノンストップで谷底にたたき落とされることは間違いない。滝沢はその名の通りゴルジュの中を幾重もの滝をかけ、人を拒絶するかのように鳥甲の岩峰へ突き上げている。沢へも降りられないので、このスラブをフリクションクライミングで登って行く。怖かったこのスラブも傾斜が弱まるにつれ、快適なクライミングとなる。フェルト底の地下足袋はこういう所にはピッタリの足ごしらえのように思えた。1時間ちょっとの思わぬ岩登りをやって左の尾根へ逃げ込む。大分登ったので、この尾根から稜線までは距離的に大したことはなさそうである。しかし、ブッシュがひどくて尾根通通しにはとても登れそうにない。そうかと言って下ることもできない。やむなく向こう側の沢を目がけて下降する。つかみどころのない急な下降であり、ザイルを持ってこなかったことを悔やむ。登りと同じ位、神経を使う下降に少々バテてしまう。やがて緩やかなごつ岩地に出てホッと一息つく。岩地をしばらく下降すると滝沢の下部にでる。
滝沢の出合付近で食事をしていると、ブッシュ帯で大声をあげてひっきりなしに怒鳴っていた例のパーティ(長岡の山岳会の3人)が降りてきた。彼等も白沢と間違えて、この滝沢へ来たとのことで、右岸のスラブは難しかったので、左岸のブッシュ帯を稜線を目指して登って行ったが上部で岩壁に阻まれてほうほうのていで戻ってきたとのことであった。とにかく垂直に近いブッシュで、その中の一人が言っていた「生きて帰れるとは思わなかった。二度とこんな所には来ない。」という言葉が、沢の中でのコール(悲痛な叫び)に重なって思い出された。

(追記)
ゴルジュの中に滝が連続し、両岸はスラブ状岩壁と急峻なブッシュ帯であり、完全遡行するには困難が多いと思われる。人の入った形跡はほとんど見受けられなかった。

 

          鳥甲山                      8mチョックストン滝