全身のシビレに襲われた・魚野川から大高山


上信越国境の沢
野反湖〜千沢出合〜桂ゼン〜高沢出合〜大ゼン〜黒沢出合〜小ゼン沢出合〜小高山〜大高山〜カモシカ平〜野反湖

登山日 1974年9月7日〜9月8日
参加者 山野(L)、金井、三ツ間、武野
コース・タイム
 ○9月7日 
上野、前夜22:52-0:20本庄0:40-4:00野反湖バス停7:30-8:00地蔵峠8:10-9:45大倉坂-10:35渋沢ダムとの分岐11:05-12:07千沢出合12:40-12:55桂ゼン-13:45難所-14:45高沢出合-15:05大ゼン-16:10黒沢出合
 ○9月8日 
黒沢出合6:15-7:00魚止の滝-8:00小ゼン沢出合8:45-9:15六段の滝-10:30赤い岩床-11:10稜線-11:35小高山-11:50草津との分岐-12:37大高山-13:50カモシカ平-14:15高沢山-16:10野反湖バス停

9月7日(曇)
 上野から本庄までは高崎線に揺られ、本庄からは金井、武野両氏を迎え、武野君の車で一路野反湖へと向う。野反湖へ近づく頃より濃い霧がたちこめ、非常に運転しずらくなってくる。途中、道を間違えて草津温泉に立ち寄ったものの4時頃野反湖バス停に着く。仮眠した後、7時30分渋沢ダムに向って歩き始める。空はどんよりとしており、少々不安な空模様である。30分ほど歩くと地蔵峠に着き、右手には白砂山への道標がある。
 千沢の上につけられたこの道は深い森の中にあり、あちらこちらでメボソムシクイがさかんにさえずっており、とてもすがすがしい。しばらくは熊笹の中の道が続き、コメツガや岳樺が良く眼につく。やがて大倉坂とよばれる下り坂となるとこの道も美しい森となる。カエデ、ブナ、ミズナラ、ナナカマドなどの落葉樹が深々と生い茂り、紅葉の頃の森を想像すると何とも言えない気分となってくる。渋沢ダムが眼に入ってからは南へとルートをとっていく。魚野川右岸の道は直に途切れてしまい、1時間ほどルートを探す。道らしき道はなく、右岸のヤブを強引に漕いで行くと直に千沢の出合に着く。30分程釣をしたのち、千沢を渡り、千沢の左岸に取りつけられたハシゴを登り、しばらくは魚野川右岸を高巻いていく。すばらしい瀑布(桂ゼン)を対岸に見、やがて沢へと降りる。側壁をへつったり、高巻いたり、何回となく徒渉を繰り返していく。途中一ヶ所、悪い所があり、きわどく通過して行く。水しぶきをあげる高沢を右岸に見るとやがて沢筋がいっぱい水をたたえる大ゼンがあらわれる。右手にルートがあるが、水が深くとりつけず、右側を巻いていく。
 このあたりはすばらしい岩床が続き、ワラジが岩にピッタリと吸いついて気持ち良い。相変わらず徒渉が続く。しかしながら、沢筋にやわらかい陽射しが差しこむようになり、心もなごんてくる。やがて左岸より黒沢が注入し、沢の奥には岩菅の稜線が見える。ここには、すばらしいビヴァーク・サイトがあり、ツエルトを2つ設営する。みんなは釣に出かけ、私はごはん炊きをする。金井さんのつくった岩魚の刺身を食べ、焚火にあたりながら静かな谷間の夜を楽しむ。雲も動きが激しく、寝始めに雨がパラついたときは今日は雨にやられるかなと覚悟したが雨は直にやみ、快適な夜を過ごす。

9月8日(曇のち雨)
 朝3時起床。相変らず雲の動きが激しく、今にも降りそうな天気だ。6時15分、ビヴァーク・サイトを発つ。今日もはじめから徒渉の連続で胸まで水に浸ってしまったりする。やがて魚止の滝があらわれ、滝が連続するようになる。いずれも沢筋いっぱいに水が轟々と流れている。魚止の滝は右手を直登したが、その後の滝は滝壺があまりにも大きく近寄れず、いずれも右手を巻いていく。滝と滝の間には美しいナメが続き、何とも言えないすばらしい眺めである。やがて左岸よりツバクロセンがあらわれ、奥に立派な滝をかけている。しばらく累々たる巨岩の中を行くと直に小ゼン沢の出合に着く。ここで30分ほど釣を楽しむ。衣服はすっかり濡れており、じっとしていると少々寒気がする。小ゼン沢の出合には7mほどのネジレの滝がかかっており、滝壺が深く近寄れない。仕方なく本流を横切って小ゼン沢の左岸に出る。小ゼン沢はこれと言った滝場もなく、平凡な沢である。快ピッチに高度を上げていく。ツメで沢が分岐するところは右へ右へとルートを取っていく。赤茶けたナメが続くようになると遡行も終りに近い。水が涸れてからは熊笹の中にはっきりとした踏跡があり、200〜300mも登れば樹林におおわれた国境稜線にでる。しばらく行くとすばらしい笹野原となる。とても静かであり、シジュウカラやメボソムシクイのさえずりも明るく響きわたり、夢の中にいるようだ。ここより小高山への登りとなる。大高山の登りでは雨も降り出し、徒渉で濡れた身体に雨が加わり、冷えこんでくる。そこへ悪いことに持病の全身のシビレを起し、体調がおかしくなってくる。深い熊笹の中の道はカモシカ原まで延々と続く。カモシカ原は晴れていればすばらしい別天地となるであろうが、今は冷たい雨の降るさびしい草原だ。高沢山、恵比山を通って野反湖へと向う。草津温泉や噴煙をあげる白根山や浅間山が良く見える。私は野反湖まであと15分ぐらいの所で再び全身のシビレに襲われ動けなくなる。頭はもうろうとし、金井さんが歩け歩けというがどうにも動けない。冷たい雨の中では横になるわけにもいかない。金井さんに抱きかかえられながら、ほうほうのていで野反湖バス停に着く。