突風の吹き荒れる氷雪の富士山・大沢
 いろいろな山へ登ってきましたが、やはり大変だった山登りは何十年たっても強く印象に残っている。簡単に登れた山は印象が薄く、すぐに忘れてしまう。山は登っている時だけでなく、あとで振り返ってしみじみと懐かしさがこみあげてくるような山行がいい。大変な思いをして登った山は感激がいつまでも消えない。しかし、この富士登山は感激の想い出ではない。青春の一コマにすぎない。私は1966年3月に大学を卒業し、4月に会社に就職したばかりであった。

 富士吉田口五合目の山小屋で明日大沢を登るという二人連れの登山者と同じ部屋に宿泊する。いろいろと山の話をしているうちに、彼らは山岳巡礼倶楽部に所属しているという。もう32年も昔の話なので名前は忘れてしまったが、そのうちの一人は若かし頃にあの有名な前穂高の東壁を初登攀したことを話してくれる。今日はおもしろい人と一緒になれたなあ。僕も明日は大沢に行くので、ご一緒にお願いしますということにあいなる。
 明くる日の天気は上々。気分は盛り上がる。大沢の雪渓はスリップしたら止まらないので、慎重に登ろうと自分に言いきかせる。二人連れは途中まで登って、大沢をスキーで滑降するということであった。最初は快調にスイスイと登っていたが、だんだんと風が強くなってくる。富士山の突風は恐ろしいのでピッチを速めて登高する。そのうち突風はものすごい唸りをあげてくる。20、30秒歩いては身を伏せて風をやり過ごすという動作を何回も何回も繰り返す。ゴーと唸り出すと歩くのを止め、ピッケルを強く差し込んで身構えるのであるが、吹き飛ばされるのではないかとヒヤヒヤである。大沢は風を巻き込むので、尾根道に逃げ込もうと試みたが、トラヴァースすると風でバランスを崩してしまうので、とにかく大沢をつめることにする。そのうち私の少し後ろを登っていた二人連れの姿が見えなくなる。こんなに強い風の中を下れるはずはないし、ましてやスキーで滑降などできるはずがない。この時点ではまさか滑落したなどとは夢にも思わない。
 突風はますます強くなり、短い周期で襲いかかってくる。遅々とした歩みではあるが、火口壁に近づいてくる。傾斜は角度を増し、アイゼンも浅くしか食い込まない。強風でバランスを保つのが容易でない。チラッチラッと滑落の恐怖が頭をかすめる。記録がないので何時間登ったか覚えていないが、大沢を抜けたのは午後の4時頃だっただろうか。強風下の下山も危険なので、頂上の測候所に行こうとしたが、無重力状態のように体がふわふわと浮き上がって歩いて行くことができない。想像を絶する強風だ。仕方なく九合目の小屋へと向かう。今日はここに泊まろうと決め、キルティングを着込んだが寒くて寒くて仕様がない。シュラフがなくてはとても一夜を凌げそうもない。やむを得ず夕闇の中を下降することにする。アイスバーンとなった、てかてかとした油氷のような尾根道を一歩一歩慎重に下って行く。五合目に着くと物凄い人だかりだ。今日5人が登って、そのうち3人が滑落して死亡したことを聞かされる。前穂高東壁の初登攀者も死んだと言われ呆然とする。こんな風の中を良く生きて還ってきたなあと出迎えられる。
 明くる日の新聞の三面記事はほとんど一面を使って富士山の滑落記事を扱っている。亡くなられた方が輝かしい山歴のある人だけに大きなニュースとなる。新聞の見出しが「突風の富士山、無謀登山で・・・・・・」と書いてあったのを今でも覚えている。その時の記事によると50m位の突風が吹き荒れていたそうである。平地でも大変なのに、急斜面の氷雪の中で生きてこれたのだから、やっぱり運が良かったのかもしれない。
 その後11月に富士山に氷雪技術訓練に行ったが、八合五勺ないし九合目あたりから鞠のように回転しながら滑落する登山者を二人も目撃する。最初は夢なのかなあと思って眺めていたが、それが現実であることを知って呆然としてしまう。もうそれからの私にとって富士山は登る山ではなく、眺める山となってしまった。
                                                1998年8月

             笊ヶ岳から撮影した富士山  1978.11.4