鳳凰三山・薬師岳
  曲は Tender Lullaby
山梨県の山

夜叉神峠苺平南御室小屋薬師岳小屋〜薬師岳2780M〜中道コース〜青木鉱泉
登山日 2008年10月21〜23日
参加者 2名
コース・タイム
10月22日(曇ときどき晴)
 夜叉神峠バス停4:20-5:20夜叉神峠(朝食)6:07-7:26杖立峠-苺平9:35-10:00南御室小屋
 10:45-11:30ガマの岩11:40-11:57砂払岳12:12-12:16薬師岳小屋12:30-12:40薬師岳13:07-
 13:14薬師岳小屋

10月23日(雨)
 薬師岳小屋6:25-6:33薬師岳-7:11御座石-8:45林道横断-9:23中道登山口-10:00青木鉱泉


 前夜、夜叉神峠バス停前の夜叉神の森に宿泊する。夜明け前の4時20分にここを発つ。懐中電灯の灯りを頼りに夜叉神峠までは幅広い道を進む。お湯を沸かしていると、白峰三山がわずかに染まってくる。朝食後、歩き始めてまもなく東の空から朝日が昇ってくる。ヒガラやカケスの囀りが聞こえてくる。カラマツ、ハウチワカエデ、イタヤカエデ等の紅葉が見られたが、それも束の間、針葉樹林の中の道がしばらく続く。広々とした辻山の中腹部はカラマツとダケカンバの黄葉が美しく、眼前には野呂川を隔てて白峰三山が大きく聳える。そして南に向かって、塩見岳、荒川三山の峰々が連なっている。長閑な秋のひとときが静かに流れていく。この先もシラビソ等の針葉樹林の中の道が続くが、道は緩やかで歩きやすい。東へ千頭星山を分ける地点は苺平と呼ばれ、薄暗い。ここから緩やかに下っていくと、広い空間の中に南御室小屋が建っている。テント設営用の敷地も用意されている。今日泊まる予定の薬師岳小屋には水場がないので、ここの水場で水を補給していく。ここからは再び針葉樹林の林へと入っていく。途中2500M付近で、ルリビタキの雄に、2600M付近で、ルリビタキの雌に出会う。尾を小刻みに上下させかわいらしい。冬場に、わが家の近くの公園で見ることはできるのであるが、こうした深山で会えると、とてもうれしくなってくる。やがて、花崗岩の大岩の山、砂払岳に着く。霧が流れたり、消えたりし、眼前の薬師岳も見えたり、隠れたりといそがしい。岩峰下のダケカンバの群生が美しい。薬師岳小屋着、12時16分。のんびりと8時間の登高であった。展望にも恵まれ、終始緩やかな登りであったので、比較的楽に登ってくることができた。薬師岳に登り、しばらく山頂で過ごす。霧の流れが激しく、白峰三山も頭の部分だけを見せたり、隠したりしている。白峰三山の夕焼けを楽しみにしてきたが、今日は駄目であった。次回に期待したいと思う。

 朝起きると雨が降っている。一週間ほど好天が続いていたので、仕方がない。今日は観音岳、地蔵岳と縦走し、ドンドコ沢ルートを下る予定であった。しかし、秋の風雨の中の稜線歩きは体力をかなり消耗させるので、エスケープ・ルートの中道を下山することに決める。薬師岳から45分ほど下ったところに御座石とよばれる大岩がある。見晴らしのきかない針葉樹の中の道が続いたが、大きく落葉松の黄葉の広がるところに出会い、ほっとする。林道を横切ると、紅葉も散見されるようになり、つづら折りの道がしばらく続く。中道登山口からの林道は秋色に染まった山肌を見ながら下っていく。雨で濡れた後の、青木鉱泉の湯は気持ちよかった。
バスは運休のため、タクシーで韮崎駅へ向かった。


                                    OLYMPUS E-500_ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5で撮影

 

      朝日に染まる白峰三山(夜叉神峠から望む)            北岳(辻山の中腹部から望む)

                      白峰三山(辻山の中腹部から望む)            

 

         農鳥岳(辻山の中腹部から望む)                      辻山の中腹部

 
      左奧に塩見岳(辻山の中腹部から望む)                  辻山の中腹部

               写真2