九鬼山
山梨県の山
富士急行線・禾生(かせい)駅421M〜九鬼山970M〜禾生駅

登山日 2005年1月27日
参加者 単独
天候  晴

 湿疹のため二ヶ月ほど登山をしていない。だいぶ良くなったが、まだ完治していない。短時間で簡単に登れる山に登って、体の様子をみてみたいと思い、富士山の良く見える九鬼山へでかけた。結果的には湿疹はやや悪化してしまった。今日はあまり歩かなかった(徒歩4時間)上に、穏やかな天気だったので、率直にいって、まだ無理はできないなと思った。
 登山口から雪が積もっている。はじめのうちはスギやヒノキの林であるが、1時間ほど歩くとヒノキに混じって、アカマツやコナラが多くなってくる。上部はやや急で、雪は20〜30cmほど積もっている。わずかではあるが昨日降った新雪がのっている。富士見平から頂上にかけては景色が良い。南には御正体山、石割山、杓子山の奧に白雪の富士山が、西から北にかけては三ツ峠山、本社ガ丸、鶴ガ鳥屋山、高川山、滝子山、黒岳、雁ガ腹摺山の峰々が見渡せる。富士見平は風もなく、ポカポカ陽気の中で、お弁当を食べる。正面には富士山が高々と聳える。登山者は私ひとり。鳥の鳴き声もほとんど聞こえない。1時間ほど日向ぼっこしてから往き道を下る。朝早く家を出た(5時20分)ので、12時半には禾生の駅に着いてしまった。
 今回の山行では、九鬼山の頂上には早い時間に着いた(10時15分)。予定を変更して馬立山の方へ縦走しようか少し迷った。でもせっかく良好に向かいつつある湿疹が悪化してしまったら困ると思い、縦走はとりやめた。結果的に、この判断は正解だった。山へ登りたいという衝動と湿疹とのたたかいはしばらく続くことだろう。

 

                                              杓子山と富士山

  

             御正体山                            わずかに残るブナ

 

三ツ峠山 御巣鷹山    本社ガ丸 鶴ガ鳥屋山

 

           九鬼山頂上 970M               ハマイバ丸・大蔵高丸・黒岳・雁ガ腹摺山

 

              滝子山                            高川山