新緑の御坂黒岳



山梨県の山
すずらん畑〜すずらん峠入口〜すずらん峠〜黒岳〜御坂峠〜三ツ峠入口・バス停

登山日 2003年5月17日
参加者 山野(L)、高松、遠藤
天候  曇
コース・タイム
石和温泉駅8:30-9:00すずらん畑9:15-9:50すずらん峠入口-11:08すずらん峠-12:00黒岳12:45-13:50御坂峠-15:20三ツ峠入口・バス停

 高気圧の中心が北に偏り、前線が停滞し、ぐずついた天気が続いている。日帰りでブナの新緑が楽しめる山を探していたら、浮上してきたのが御坂山塊の黒岳であった。この3人のメンバーで登山をするのは一昨年の11月の滝子沢遡行以来だから、1年半ぶりということになる。芦川村のすずらん畑までは石和温泉駅からタクシーで行く。今日からすずらん祭が始まるとのことで、イベント用の舞台ができあがり、出店が並んでいる。こんにゃくを無料で振る舞っている。しかし、すずらんはまだ蕾で、開花にはもうしばらくかかりそうである。林道から登山道に入ると赤い花をつけたクサボケが眼に入る。今年は雪解けが遅かったためだろうか、咲いている花はすみれが多い。チゴユリが所々に咲いている。開花している植物は少ないが、瑞々しい新緑が山をおおっている。少し薄日が射し込んできた。キビタキ、センダイムシクイ、ミソサザイ、ヒガラ、コマドリなどの美しい調べを聞きながら、のんびりと登高する。沢を横切るところでは至近距離でミソサザイとご対面する。キビタキの透る囀りはブナ林によく調和する。すずらん峠で道は左に折れ、東へと向かってゆく。所々にフジザクラが咲いている。ミツバツツジが茂っているが、花をつけているのはほんのわずかであった。このあたりはクルマバツクバネソウが多い。ブナやミズナラが多くなり、その中を霧が流れてゆき、心が鎮まってくる。「ああ、幸せだね。生きて還ってこれてよかったね」とつぶやく。黒岳は平らな頂で、フジザクラが可憐に咲いていた。はるばる奈良からやってきた女性のパーティと花の話をしたりし、お湯を沸かして、楽しい昼食をとる。下りは御坂峠への急坂を降りる。ブナの大木がいくつもあって、新緑が鮮やかだ。往きは葉だけしか鑑賞できなかったニリンソウがいっぱい花をつけている。山行も終わりに近づく頃、ヒトリシズカとラショウモンカズラに巡り会うことができた。

<観察した主な植物>
イカリソウ、ショウジョウバカマ、ヤマアジサイ、ツクバネウツギ、クサボケ、スズラン、シロバナノヘビイチゴ、チゴユリ、ヤグルマソウ、タチツボスミレ、エイザンスミレ、トリアシショウマ、マムシグサ、ネコノメソウ、ユキザサ、クルマバツクバネソウ、ヒゲネワチガイソウ、シロバナエンレイソウ、ミツバツチグリ、ホソバノアマナ、オオカメノキ、フジザクラ、ミツバツツジ、ムラサキヤシオ、シギンカラマツ、ムラサキケマン、ニリンソウ、ツボスミレ、クリンユキフデ、マイズルソウ、ミツバウツギ、ニワトコ、ツマトリソウ、ヒトリシズカ、ラショウモンカズラ、ウマノアシガタ、ヤマブキ、タニウツギ、オダマキ

<観察した野鳥>
ウグイス、センダイムシクイ、ヒガラ、ゴジュウカラ、ジュウイチ、ミソサザイ、ルリビタキ、ウソ、コゲラ、コマドリ、ホオジロ、キビタキ、オオルリ

                  写真はこちら