黒川鶏冠山
山梨県の山
柳沢峠〜六本木〜横手山峠〜黒川山〜鶏冠山〜柳沢峠

登山日 2003年4月19日
参加者 山野(L)、河手、山口、阿部、黒澤、井戸
天候  曇ときどき晴
コース・タイム
柳沢峠10:43-11:15ブナ坂分岐-11:33六本木-12:10横手山峠-12:40黒川山-12:50鶏冠山14:00-16:17柳沢峠

 奥多摩湖の周りは桜がちょうど見頃であった。湖畔に沿って、途中から土砂崩れのため回り道をしながら、奥多摩駅から1時間半ほどで柳沢峠につく。昨年の9月に山で重症を負い、復帰後の初登山であった。まだ身体の方は完治していないので、緩やかなコースの山を選んだ。三本木までは残雪の中を行く。ブナ、ミズナラ、コナラ、サワグルミ、ダテカンバ、ハリギリ、リョウブ、ウラジロモミなどの混交する林の中の心やすらぐ道であった。梢ではヒガラ、コガラ、コマドリ、ルリビタキなどが囀っていた。落葉樹はまだ芽吹いていなかったが、もうじき新緑で美しく彩られることでしょう。横手山峠から上はヒノキ、カラマツ、ウラジロモミが多かった。今春は寒い日が続いたので、高山植物を愛でることはできなかったが、暖かな陽射しに包まれて、頂上でゆったりと楽しい昼食をとる。頂上側面は岩場となっており、岩登りの練習をした者がいるらしく、何本かのハーケンが打ち込まれている。頂上にはアセビやシャクナゲが茂っているが、花が咲くのはもう少し先である。頂上直下の展望台からは北に奥秩父の主脈が一望でき、みんなで山座同定を行う。南に眼を転ずれば、大菩薩嶺がどっしりと鎮座する。頂上へと突き上げている沢は大黒茂谷であり、あそこへ行きたいねなどと話し合っている。僕は聞こえないふりをして、羨ましそうに耳を傾けていた。

大菩薩連嶺や奥秩父の山々に囲まれた、うららかな春の一日だった。
 

       残雪の中をゆく

 

             大菩薩嶺                   鶏冠山頂上