櫛形山の野鳥
高尾〜アヤメ平〜櫛形山〜平林

登山日 1976年7月1日

 櫛形山にはアヤメ、グンナイフウロ、キバナノアツモリソウ、ヤマトリカブト、ミヤマハンショウズル、ミヤマキンポウゲ等いろとりどりの花が咲き、たくさんの蝶が密を吸っていた。野鳥は予想外に多く、初夏の林の中、暑さにも負けじ、囀っていた。コルリが多く、爽やかなリズムにのって歩くことができた。ただメボソムシクイやキビタキの囀りを聞けなかったのは以外であった。

1 高尾
モズ、トビ、キジバトなど
秋だと"キチキチキチ"と甲高く鳴くので、すぐに分かるが、高尾で鳴いていたモズはモズとは思えないほどやわらかい声で鳴いていたので、姿を見るまでは判断できなかった。

2 丸山尾根
ツツドリ、カッコウ、アオゲラ、シジュウカラ、ヒガラ、ヤマドリ、クロツグミ、コルリ、ウグイスなど
丸山尾根はコルリがとても多く、"チンチンチン"という金属音の前奏とともに"ピンツルルル・・・・"というさわやかな囀りがあちこちで聞こえ、すがすがしい樹林帯の道であった。

3 アヤメ平
ビンズイ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒガラ、ウグイスなど
アヤメはまだ時期的に早く、あまり見られなかったが、青空のもと白峰三山が大きく延べ連なっていた。"チリリツィツィツィツィ"とビンズイが囀るすがすがしい高原だ。

4 櫛形山
ホトトギス、カッコウ、コガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ルリビタキ、コルリ、センダイムシクイ、ウグイスなど
櫛形山頂付近は栂の原生林におおわれていたので、カラの仲間とともに、こうした針葉樹を好むルリビタキがたくさんいた。

5 雨乞尾根
センダイムシクイ、ホトトギス、コルリ、ウグイスなど
ウグイスやコルリの囀りにまじって、センダイムシクイの陽気な囀りがつづく楽しい下り道だった。

 

         アヤメ

 

       グンナイフウロ