秋の王岳・その2


  曲は Tender Lullaby

                        西湖・根場〜王岳


朝の5時50分に宿を発つ。朝のしじまの中でジョウビタキがヒッヒッと鳴いたり、飛んだりしている。鍵掛峠へは西湖いやしの里根場の西側を回り込んで、本沢川沿いの林道を進んでいく。”熊に注意”の立て板が目につく。カケスが鳴き、シジュウカラが囀る。歩きはじめて25分、林道の右手に登山口と標識がある。はじめのうちは杉林であるが、15分も歩くとブナが見られるようになり、そのうちに密生したブナ林となる。つづれ折りの道が鍵掛峠まで続いている。やがて尾根道に合し、あたりは明るくなってくる。ほのかに染まった落葉樹が朝日に輝く。幹の太いブナの原生林も見ることができるようになる。アセビの木も多く、歩きはじめて約2時間の登高で鍵掛峠に着いた。樹間越しに、北から西にかけて奧秩父、八ヶ岳、南アルプスの山々が遠望できる。南アルプスの山々は頂上付近はうっすらと雪化粧していた。左手に富士山を見ながら、ブナの明るい道を登高していく。この先、女坂峠の近くまでブナの姿をよく見かけることができるので、心がやすまる。9時20分王岳1623Mの高みにつく。のんびりと歩いて、麓から3時間半の登高であった。青木ヶ原の樹海の上に富士山が大きく聳え立つ。西湖、河口湖、山中湖そして御正体山、杓子山を望むことができる。根場の家並みもよく見える。なんだかとても大きな空間の中にいるような気がしてくる。ポカポカ陽気の中で昼食をとった。

 

   

   

       鍵掛峠から望む富士山                    鍵掛峠から望む富士山、西湖、根場

 

        鬼ヶ岳、後方は杓子山方面                          ブナ

 

         王岳から望む富士山                          王岳山頂のツリバナ

                            その3