杓子山から鹿留山
山梨県の山

不動ノ湯〜オオザス峠〜杓子山〜鹿留山〜不動ノ湯
登山日 2006年2月8〜9日
参加者 2名
天候  2月8日 曇    
     2月9日 晴
コース・タイム
 不動ノ湯7:35-9:13オオザス峠9:20-10:15杓子山(昼食)11:25-12:13鹿留(ししどめ)山-13:00杓子山
 13:15-14:35不動ノ湯

今日の目的地である不動ノ湯へはOさんの車で行く。不動ノ湯のすぐ上には硯水不動尊があり、霊水が流れている。そこの看板には次のように書かれていた。「この霊水は古来より杓子山の精を受けた不動尊の清水でどんな干魃の年でも、たえることはありません。その効用は里人の信仰の源となっております」「霊水は皮膚病に効く。腐敗しにくく長期に亘って保存できます」 ここの湯は火傷、切り傷、リュウマチ、打撲、皮膚病にいいようで、アトピーの方にはとてもいいという話であった。湯治客が常宿としているようであった。

富士の朝焼けを眺めた後、宿を発つ。2日前に30cmほど雪が降ったようで、その雪を踏みながら登って行く。カケス、シジュウカラ、ヒガラ等が鳴いている。林道歩きが意外と長く感じられるが、終始富士山を眺めながらの登高である。登山道に出るとわずかの登りで杓子山の頂上につく。快晴下、富士が大きく裾野を拡げている。富士吉田の街並みが一昨日降った雪で白く彩られている。北側には奥秩父の連山が、西側には御坂山塊の黒い連なりの奧に南アルプスの白き峰々が延べ連なっている。まさに絶景である。富士山・大沢の急峻な雪渓を間近に眺めていたら、猛烈な突風に見舞われ、九死に一生を得た40年も前のことが懐かしく思い出されてきた。コーヒーをつくってランチタイムとする。東へと向かう鹿留山への道はミズナラやブナの茂る落葉樹の道で、降雪後に踏み入れた人はなく、新雪を踏んで行く。梢ではヤマガラやコガラがさわやかに囀っている。地鳴きではなく、囀りを聞けたのは春の呼ぶ声なのだろうか。雪山でヤマガラを見たのは今年になって初めてのことであった。鹿留山はブナやミズナラの巨木に囲まれた静かな雰囲気の頂きであった。杓子山の頂上で富士の絶景を眼にした後、落葉樹の林に憩うと心はやすらぐ。杓子山の頂きからは駆け足で往き道を下る。不動ノ湯で汗を流してから帰京する。

                   

 

        朝焼け・不動ノ湯から

                           杓子山山頂から

 

         杓子山 1597.6M

   

                         鹿留山への道

                                       次の写真