滝子山・滝子沢左俣


山梨県の山・大菩薩連嶺の沢
初狩〜滝子沢左俣遡行〜滝子山直下〜初狩

登山日 2001年11月23日
参加者 山野(L)、高松、遠藤
天候  晴
コース・タイム
中央線・大月駅(タクシー)8:00-8:15滝子沢出合-8:50白井大権現社-9:10権現橋9:30-10:45奥の二俣-12:15、20mナメ滝一条クラック滝の少し下部(昼食)12:50-12:55、20mナメ滝一条クラック滝-14:37四ツ俣-16:07登山道16:33-18:55初狩駅

 我が家のすぐ裏には武蔵野の面影を残す雑木林があって、晩秋の頃は散歩すると楽しい。ナラやクヌギの葉が風花のように静かに舞う。時折、そよ風が吹くとまるで花吹雪のように葉が舞い散る。大した風も吹いていないのに。時々犬と散歩にくる人はいるが、ぼくみたいに犬なしで散歩にくる人はいない。もの思いにふけったり、ときたまリコーダーを吹いたりして時を過ごす。近くにこんなに憩らげる場所があるというのはありがたい。都会の人混みから郊外に引っ越してきて良かったと思うのはこんな時である。
 晩秋は日が短いので、大月から滝子沢の出合までタクシーで行く。タクシー代は約3000円。今日はすばらしい秋晴れ。空は青々と澄み渡り、滝子山への尾根道がくっきりと映えている。所々舗装された林道を歩み、山道に少し足を踏み入れると白井大権現社に着く。ここから20分ほどで西からの林道が合流する権現橋に着く。身支度を整え、ここから入渓する。両岸は落葉樹で覆われ、散りゆきわずかに残った紅葉が陽に映える。単調なゴーロ歩きがしばらく続くが、秋のさわやかな空気が渓筋を流れる。当初、この滝子沢には11月3日に入る予定だったが、氷雨のため延期したのであった。あの日晴れていたら渓はすばらしい紅葉で彩られていたような気がする。でも今日は晩秋とは思えないくらい気温は高く、やわらかい秋の色彩が渓を包んでいた。やがて5mほどの深い釜を持った滝にであう。ヘツリ始めたが、逆層で落ちたら冷たそう。泳げない自分に気づいて引き返す。入渓して45分で奥の二俣に到着する。日向ぼっこをしていると実に気持ち良い。右沢に入ると快適なナメ滝が続く。どちらかというとスラブの登攀という感じであり、ルートは力量に合わせて自由自在にとればいい。背後に雪をかぶった富士を眺め、40mのスラブ滝をアンザイレンして登る。陽当たりも良く、お腹も空いてきたので、昼食とする。遠藤さんがあらかじめ煮込んできた豚汁はボリュームたっぷり。山ではインスタントの味噌汁しか食べていない私には驚きのメニューだ。とても美味しかったけれども、食べた後は体が重く、ちゃんと滝を登れるかしらと心配になってきた。5分も歩くと20mナメ滝一条クラック滝に出会う。あれっ、ちょっと早すぎる。まだ体が重いよとつぶやく。少し登ったところで考え込む。クラックを流れる水は冷たく、ホールドは細かくぬめっている。時間が経過すると手はしびれる。登れそうな気もするが、落ちるような気もする。直登はあきらめて、右岸の簡単なところから登っていく。ハングした8mの滝を右岸から高捲いていくと、小滝が続き、やがて四ツ俣となる。どれもががれており、方角から判断して、われわれは右から二つ目の沢に入る。両岸は切り立っており、けっこう急で、そのうえ岩は脆い。掴んだ岩は剥がれ易く、時々落石を起こし、いやな感じ。最後尾を登っている高松さんは落石でヒヤヒヤしていた。遠藤さんから、足場が悪いので右か左の尾根に逃げ込んでと言われたが、逃げられる傾斜ではない。2年前に行った丹沢・鳥屋待沢の源頭がこんな感じであり、ふと想い出す。アンザイレンし、ひ弱な木の根っこに支点をとり、右へ5mほどトラヴァースすると、根元だけがかろうじて残った木があり、そこにスリングをかけて一息つく。その上の岩場を微妙なバランスで乗り越えると安定した枝尾根に飛び出た。最後に登った高松さんの足元から大きな落石が起こったが、下には誰もいないので、安心して見ていられた。ここからはブナやミズナラの林の中に良く歩かれた道があり、少し行くと登山道に飛び出る。時計の針は午後4時7分を指しており、あたりは暮色に包まれていた。詰めで思いの外の時間を費やしてしまった。ほんのちょっと登ると、滝子山の頂がすぐ近くに見えたが、富士山を見ながら、記念撮影をして下山する。降り積もった落葉の中を駆けるように下っていく。つづら折りの道はとても歩きやすい。暮色の中に富士山や御坂山塊の山々がシルエットとなって浮かび幻想的な感じがただよう。滝子山の頂で白雪の富士を見みれなかったけれども、この景色に抱かれて今回の山行は有終の美を飾ったように思われた。残照はいつまでも続いていたが、やがて月夜となる。夜道とはいえ、あまり迷うこともなく林道にでる。頭上には星がきらめき、約2時間半の下りで初狩駅に着いた。秋の沢登りは日が短いので、"ふくろう部隊"になりやすい。久しぶりのふくろう部隊となったが、快い疲労感であった。日帰り山行ではあったが、いろいろと楽しい思い出が心に刻まれた。
   
初狩からの登山道を望む              下部ゴーロ帯
        
20mナメ滝一条クラック滝     30mナメ滝          
     
       残照の富士山               8mハング気味の滝を望む