ヒカゲツツジの咲く坪山
   
山梨県の山
コース 飯尾・御岳神社登山口〜西尾根〜坪山〜東尾根〜御岳神社登山口
登山日 2006年4月21日
参加者 5名
天 候 晴
コース・タイム
 西武池袋線・狭山ヶ丘駅6:25-檜原-甲武トンネル-びりゅう館近くの駐車場8:08-御岳神社登山口
 8:20-8:23東尾根分岐-10:20坪山10:52-11:30八ッ田(児童公園)分岐(916M)-11:50御岳神社登山口
 -12:25郷原・びりゅう館

 ヒカゲツツジが群生している山ということで、大分以前に雑誌「新ハイキング」に紹介されたようであるが、インターネットに掲載された3年前の記録を読むと、休日でも登山者はほとんどいなかったようである。私がヒカゲツツジの坪山の存在を知ったのは、よくブラウズする方のホームページを見てからである。たぶん昨年のことであったと思う。本ページの掲示板にも坪山のヒカゲツツジの写真が届けられたりし、興味をひかれた。山行リーダーのUさんは昨年の4月にこの山に登っている。今まで、その存在をあまり知られていなかった山であるが、最近急に脚光をあび、ヒカゲツツジの時期の土日は大分混雑するようである。
 リーダーのUさん運転の車で、早朝狭山ヶ丘駅を発つ。雲の動きが激しくほんのちょっと雨がぱらついたが、現地に着いた時は青空の広がるいい天気となった。キセキレイ、ウグイス、ソウシチョウ等が囀っている。桜も青空に映え、春らしい。お祭りの提灯がぶら下がる入り口から橋を渡ると御岳神社登山口だ。3分ほど歩くと東尾根ルートが分岐する。われわれはほぼ南へと向かう西尾根を登っていく。30分ほど歩くと傾斜が増してきて、頂上まで緩やかになることはなかった。イワウチワやヒカゲツツジが現れ出すと、ゆったりとした歩みになる。見上げれば、梢ではシジュウカラ、ヒガラ、コガラ、ヤマガラが囀り、カケスやアオゲラの鳴き声が響く。3年位前までは、わが家の庭にもヤマガラが頻繁にやってきたが、雑木林の伐採後はあまり見られなくなってしまった。山に来れば、こうしてお目にかかれ、さわやかな囀りが聞けるのだから幸せこの上ない。ヒカゲツツジは頂上まで途絶えることなく咲き乱れている。白黄色の地味な感じのツツジではあるが、しっとりとした味わいのある花である。ヒカゲツツジに混じって咲くミツバツツジが彩りを添えている。みんなパチパチとカメラのシャッターを切っているが、この頃から風が強くなってくる。マクロレンズを持ってきたので、花にカメラを接近させようとするが、花はゆらゆらと揺れていることが多い。頂上直下はイワカガミが多いが、まだ開花していない。
 休み休み、ゆっくり2時間の登高で坪山1103Mの高みにつく。頂は雲で隠れているものの雪をまとった富士山が見える。北には三頭山、南には権現山が間近に望まれる。そして北西の方角には雲取山から飛竜山にかけての山波が見渡せる。強風を避け、頂上直下の南面の日だまりで30分ほど、のんびりと休息をとる。正面の権現山を見ていると、9年前に登った時のコルリの美しい囀りを想い出す。下りは東尾根を選ぶ。西尾根同様に急坂の道が続く。上部にはヒカゲツツジが咲いていたが、西尾根に比べると少ない。916Mピークで八ッ田コースと分岐するが、ほぼ北の御岳神社コースを下降する。帽子を落とし、急峻な崖を上り下りするというおまけがついたものの、下りはあっという間であった。1時間ほどで御岳神社登山口に着いた。山麓でニリンソウを愛で、びりゅう館で手打ち蕎麦を食べる。けっこう美味しい。帰路、鶴峠を越え、小菅村・小菅ノ湯にひたる。7種類の風呂があり、ゆったりと汗を流す。さらに車で奥多摩湖へと向かい、湖畔を散歩する。桜、桃、ジュウニヒトエ、スミレ、ヤマブキ等春爛漫といった感じ。青梅で車のタイヤがパンクするといったハプニングもあったが、楽しい春の山旅であった。

             画像をクリックすると拡大します


  桜  ミツバツツジ
 イワウチワ  ヒカゲツツジ
坪山山頂から望む
飛竜山〜雲取山
 小菅村


奥多摩湖畔

 ジュウニヒトエ  桜  スミレの仲間   桃