落ちなくて、ほんとうに良かった
姥子山の岩峰

山梨県の山
田無瀬〜オジョウガ沢〜姥子山東の岩峰〜姥子山〜雁ガ腹摺山〜大峠〜桑西

登山日 1977年3月13日
参加者 単独
天候 晴のち曇
コース・タイム
中央本線猿橋駅9:00(バス)-田無瀬9:25-10:45障子峠への分岐-10:50本沢出合-11:20登山口11:40-オジョウガ沢-13:45姥子山東の岩峰-15:10姥子山15:27-15:50金山への分岐-16:45雁ガ腹摺山16:55-17:30大峠-18:25湯ノ沢峠への分岐-19:40桑西-大月駅

 オジョウガ沢も巨大な露岩が沢を覆うようになり、しばらくすると沢の形はなくなり熊笹が行手に立ちはだかる。しばらく笹やぶを漕いだが、密として前へ進むのにとても苦労する。右に眼を転ずれば岩場があり、こちらの方が楽そうに見える。これは姥子山の東に位置する岩尾根であり、はじめのうちは調子良く登って行く。やがて、この岩場は完全なフェイスとなる。下を見れば降りるのはこわそうである。何とかなるだろうと小さなホールドを頼りに少し登る。上を見上げればホールドは極めて細かく、ちょっと登ってみるが、危険を感じあきらめざるを得ない。上へも下へも行けず、時間ばかりがどんどん経過していく。南へ眼を転ずれば富士が悠然と聳えている。いつの間にか雲が多くなっており、あの暖かだった初夏のような陽もすっかり弱まり、だんだん心細くなってくる。しばらくして細いバンドを見つけ、試行錯誤を繰り返しながら慎重に左へ左へとトラバースを行っていく。やがて岩場も易しくなりほっとする。少し歩くとまた岩峰に突きあたる。ここは左側を巻き込み、頂上直下の笹やぶを漕いで行くと待望の姥子山の頂上に着く。

 はじめの計画では桑西から雁ガ腹摺山を経て姥子山へ行く予定であったが、朝、予定の汽車に乗り遅れ、桑西からの朝バスがなくなったため、急遽逆コースに変更する。逆コースは登りが長く、道も分かりづらいので相当時間がかかりそうな気がした。
 田無瀬でバスを降り、上和田に向かって400mほど歩くと橋があり、左手に奈良子川が注いでいる。奈良子には桑畑が所々にある。夜に火事があったらしく、消防関係の人達でごったがえしている。矢竹のあたりで付近の人の車に乗せてもらい、林道をシロイハタの少し奥の橋のある所まで送ってもらう。長い林道歩きが短縮できて有り難い。付近の山々は伐採のため禿山が多い。
 橋を渡ると姥子山登山口と書かれた道標がある。そこから200mも歩くと林道が2本に分かれる。右が本沢に沿った道であり、私は左の林道へと入る。道がぬかっていて少々歩きにくい。正面左手には姥子山の岩峰が良く見える。
姥子山の登山口は林道の左手にあり、道標が立っている。暖かい陽射しを浴びて昼食をとったのち歩き始める。登り口は伐採された木が横倒しになっており、その上を歩いて行く。ちょっと行くと右手に道標があり、不明瞭な枯葉の積もった急な道がある。私はその道を辿らずにオジョウガ沢を遡って行く。所々に炭焼跡があるが、登山者が入った形跡はほとんどないようだ。沢自体はゴーロ状の涸沢でさしたる興味は湧いてこない。ただ、だんだん木々の茂りが密になり、禿山から解放されたことが気分を良くする。朽ちた木に腰をかけて下を見れば、百蔵山や権現山が樹間よりのぞまれる。山はあくまでも静かであり、ヒガラやシジュウカラの囀りだけが寂しさを紛らわせてくれる。やがて巨大な露岩が現れゴルジュ状となり行手を阻む。左の笹やぶを巻き、本流にもどる。しばらく行くと沢の形はなくなり、背の高い密とした熊笹が行手に立ちはだかる。

 とんだ道草をしてしまって姥子山頂に着いたときはもう3時を回っていた。ここから眺める富士は秀麗という言葉がぴったりするようだ。ここから道は明瞭であり、気が楽だ。北側の斜面には所々雪が積もっている。金山への分岐道へ着く頃はもう4時に近く、時間的にも遅いので雁ガ腹摺山へ行くかどうか迷う。でも、せっかくここまで来たのだから山を降りることもないと思い、雁ガ腹摺山めざして登って行く。笹の中の急登であり、その上ぬかっていてとても滑り易い。疲れた身体にむち打って息をゼーゼーさせながら登って行く。
雁ガ腹摺山頂に着いたときには山々は暮色に包まれて、ひんやりとした静寂が漂っている。南の斜面は草原状で、黒々とした滝子山、鶴ヶ鳥屋山や三ツ峠山を隔てて、残雪を抱いた富士が聳え立っている。500円札裏面の富士の撮影地だけのことはあって、とても良い眺めだ。北へは楢の木尾根へのツガの原生林の中の道がうっすらとついており、大きな魅力をそそがれる。大峠へは西へと笹の中の急な道を駆け足で下って行く。正面に見える黒岳は大きい。大峠には営林事務所小屋がある。小金沢林道は大峠まできており、しばらくは林道に沿って桑西へと向かって行く。雁ガ腹摺山と言えば、昔から黒木の原生林ばかり思い浮かべていた私にとって、予期していたとは言えあまりに削り落とされた山肌に一抹の寂しさを感じる。10分程歩くと林道はなくなり、細々とした山道となる。この道もじきに踏み跡が消える。しばらく右手の沢をめざして笹やぶを強引に漕いで行く。沢は部分的に氷結している。しばらく沢通しに下ると桑西からのぼる林道に出会う。滝子山を正面に見ながら単調な林道を黙々と下って行く。フクロウが鳴きはじめ、湯ノ沢へ着く頃に暗くなる。やがて頭上にはカペラ、オリオン、双子座をはじめとする数々の星が燦然と輝くようになる。山での林道のひとり歩きは寂しい。懐中電灯を頼りにくねくねとした林道歩きがどこまでも続く。桑西のはまいば温泉の灯りを見つけてほっとする。