雪国のノスタルジア  *その1*
1980年12月29〜31日
守門岳山麓・守門荘
守門岳山麓・入広瀬村・大白川の雪の降り方は尋常ではない。みるみる間に雪が積もってゆくという感じ。白魔の舞う幻想の世界に子供たちも大よろこび。浅草岳・守門岳山麓の民宿・守門荘には四季を通して、家族や山仲間と幾度となく訪れた。春の山菜はとってもおいしい。子供たちも冬にここにやってくるのは今回が三度目。守門荘の人たちはまるで家族のように接してくれ、子供たちと一緒に風呂まで入ってくれたりした。80年暮れから翌年にかけて、この地方は記録的な大雪が降った。まだ12月だというのに3m位の雪が積もっていた。

  

只見線・大白川駅(大雪のため不通)      雪おろし                駅から守門荘までのラッセル

  

    

                                                       小枝にとまるウソ

  

      守門荘                                      守門荘から駅までのラッセル

  

  守門荘の奥さんと      守門荘の長男の奥さんと       さようなら!入広瀬村・大白川

  守門荘の奥さんと。 この写真は一年前の1979年末に撮影。


大白川へ入る前日
奥利根国際スキー場


<雪国のノスタルジア・その2へ>

<雪国のノスタルジア・その3へ>

カタクリの旅

  
の随筆へ