群青の空に新雪の五竜が聳える・五竜岳から唐松岳
  曲は Afternoon Nap

北アルプス・後立山連峰
神城〜五竜遠見スキー場〜小遠見山〜大遠見山〜白岳〜五竜山荘〜五竜岳〜唐松岳〜兎平〜白馬

登山日 1991年4月30日〜5月4日
参加者  山野(L)、富宇賀
コース・タイム
○5月1日(曇のち雪)
8:40地蔵ノ頭8:45-9:55小遠見山10:00-11:20大遠見山-13:20白岳-13:30五竜山荘
○5月2日(風雪)
停滞
○5月3日(風雪)
停滞
○5月4日(晴のち曇)
五竜山荘5:30-7:10五竜岳7:25-8:25五竜山荘(朝食)9:35-12:20-唐松山荘(昼食)12:50-13:50八方池-14:15黒菱平-15:30八方-16:00白馬駅

 午後あずさ15号で東京を発つ。天気はこよなく良く、車窓から北アルプスの山々が迫ってくる。16時頃神城駅に着く。山麓では山桜が咲き、後立山連峰は美しく聳え、いつまでも暮れようとしない。天気予報では今日は悪く、明日から回復に向うということだったので、旅立ちの日を2日遅らせたのに、どうも様子が違ってきたらしい。
 朝起きると、昨日とはうって変わりどんよりとして、今にも降り出しそうな雲行きだ。五竜とうみスキー場の一番のテレキャビンに乗り、地蔵の頭まで行く(8時40分)。このあたりは雪も多くスキー滑走可能だ。1時間強の登高で小遠見山に着く。カクネ里の上に聳え立つ鹿島槍北壁は秀麗である。ただ気圧の谷の接近で雲の動きが激しい。大遠見に向う途中より小雪が降り始める。大遠見山は知らないうちに通り過ぎてしまい、途中雷鳥に出逢い心がなごむ。今の季節は白と黒の斑模様に着飾っている。足どりは快調であり、12時には西遠見に着いてしまう。
 五竜岳東面や鹿島槍北壁が間近にのぞまれるが、激しい雲の流れで、その勇姿を消されて行く。小憩後白岳の急斜面を登る。降る雪はだんだん多くなり、視界も徐々に悪くなってくる。ときどき息を整えながら登り、1時間ほどの登りで白岳の頂に着く。視界は悪く、すぐ下の五竜山荘へと下降する。13時30分。雪の量と荷物を考え、到着時間を17時と予定していたが、夏のコースタイムよりも早く着いてしまった。遠見尾根は最後の白岳の登りはきついが、あとは比較的楽な登りである。予定通り五竜山荘に宿泊する。夕刻より風雪が強まってくる。天気予報によれば日本の上空には-30℃の寒気団がやって来て、明日の荒天を告げている。宿泊客は3名。快適な山小屋だ。

2日間吹雪で動けず

 寒気の強い低気圧の通過で一日中横なぐりの激しい風雪である。視界はまったくない。山荘の横にテントを張っていた2名のパーティは唐松岳へと向ったが視界が悪く、ルートがわからなくなったと言って2時間ほどで戻ってくる。この2名が合流し、今日の宿泊客は5名。山荘の従業員も同数の5名。天気が悪いので下からは誰も登って来ない。
 今日は憲法記念日。西高東低の冬型の気圧配置となり、昨日同様激しい風雪が荒れ狂う。しかし山小屋の中はストーブもあり、別天地だ。天候悪化のため下山が遅れる旨、無線連絡してもらう。2日半降り続いた雪も午後8時頃にはやむ。吹雪の後の星空はことのほか美しい。ほんの少し前までの旋回する風雪と咆哮はすっかりと消え、信じられないほどの静けさが山々を包む。無数の星が漆黒の夜空に瞬く。

群青の空に新雪の五竜が聳える

 すばらしい黎明だ。朝の陽が新雪に輝く五竜の雪嶺を染めて行く。身支度を整え、早々に小屋を発つ。G0は黒部側を卷く。G2は夏道のトラバースルートを外れ、稜線上を登る。ちょっとした岩登りのヴァリエーションを楽しみ、雪の斜面を登りきると、2814メートル五竜岳の高みに立つ。一点の雲もない群青の空に新雪をまとった雪稜が連なる。黒部川をへだてて秀峰剱岳が眩しい。鹿島槍に向っては険しい頂稜が続いている。2日半の風雪で雪面は美しい波紋を描いている。下りは滑落しないように黒部側を慎重に下る。
 朝食後唐松岳への縦走へ向う。快晴のもと、中央アルプスや南アルプスの山々が遥か遠くに浮び、のどかな気分だ。新雪で所々雪が深い。牛首岳あたりは痩せた岩稜となっており、黒部側を卷く。ヘリコブターが再三飛来し、遭難事故でもあったのかなあと思う。下山後の報道によれば、あの風雪の中で、鹿島槍の冷池山荘付近で雪崩のため4人が流されたそうである。また4日には同じく鹿島槍の天狗尾根で1人が滑落したとのことであった。
 八方尾根を下る頃より霧が深くなり、期待した不帰の嶮の眺めはおあずけとなってしまった。八方尾根はだだっ広く、次から次へと登山者が登ってくる。スキー場は沢山のスキーヤーで賑っている。14時15分、黒菱平着。