初めての北アルプス
厳冬の爺岳東尾根から鹿島槍ヶ岳


北アルプス・後立山連峰
信濃大町〜鹿島〜爺岳東尾根〜爺岳〜鹿島槍ヶ岳南峰〜爺岳〜爺岳東尾根〜鹿島
   
登山日 1965年12月30日〜1966年1月4日
参加者 山野T、市倉、臼井、山野Y
コース・タイム
○12月30日
狩野宅9:10-12:40デポ地(1450m付近)13:00-14:30狩野宅
○12月31日 
狩野宅9:00 -11:10、1300m付近の台地-12:35デポ地-14:00ジャンクションピーク(JP、1767m、CT)
○1月1日
CT8:55-13:20JP(2430m)直下(CU、ベース・キャンプ)
○1月2日
CU10:00-11:25爺岳主峰12:05-12:30CU
○1月3日 
CU6:30-7:00矢沢の頭(2430m)-9:00爺岳主峰9:25-10:20冷池小屋10:35-11:40
布引岳-12:30鹿島槍ヶ岳南峰12:55-13:45冷池小屋(昼食)14:40-15:50爺岳主
峰-16:20 CU
○1月4日 
CU9:50-11:40JP(1767m)-12:20、1300mの台地-13:25狩野宅

 今回は兄の所属するロッテ山の会の山行に特別参加させてもらう。私にとって初めての北アルプスの山行であり、大きな期待を胸にふくらませていた。爺岳は隣に鹿島槍ヶ岳という秀麗な山があるため、ちょっと目立たない存在の山である。それだけに静かな雪稜の登高を楽しむことができる。

12月30日(雪)
 本隊が入山する前日に私は一人で鹿島に入った。今日の私に与えられた任務はボッカである。狩野さんのおばあちゃんは「気をつけていって来な」と言って、漬け物とモナカを二つばかりくれる。9時に狩野宅を発つ。雪の降りしきる中を家の裏手から登り始める。最初から急な登りが始まる。視界がきかないのと長時間、夜行列車の中に立っていたための疲れで、なかなか気合いが入らない。ただ黙々と歩き、3時間半ほど歩いた1450m付近に荷物をデポして引き返す。夕食はおばあちゃんに美味しい漬け物を食べさせていただき、夜は疲れていたので、ぐっすりと眠る。

12月31日(小雪)
 狩野宅でロッテ山の会の3人の仲間を迎える。雑煮に入れる野菜を忘れてしまったので、おばあちゃんに畑から白菜をとってきてもらう。狩野さんのおばあちゃんはいつもとても親切である。ここから山に登る人はみんなあったかいものを感じて山へと入って行く。荷をルックザックにまとめた後、昨日歩いた道をみんなで登って行く。今日は身体の調子も良く、仲間と一緒なので気が楽だ。矢沢側の東南にのびる枝尾根にでてからはブナ林の中の道となり、心が和んでくる。小雪の舞う中、重荷を背にリズムを整えながら一歩一歩登高する。狩野さんの家にいた多くの登山者は鹿島槍の赤岩尾根、東尾根や荒沢奥壁等へ行ってしまったのであろう。この爺岳東尾根はほんとうに静かな雪の森だ。14時にジャンクションピーク(1767m)に着き、適当な台地にテントを張る。夜には雪もやみ、中天には零れんばかりの冬の星座が煌めいている。眼下には大町の街の灯りが美しく点綴している。けれども私が立っている雪の台地は地吹雪が猛烈に荒れ狂っている。

1月1日(雪)
 今日は元旦である。お雑煮をつくり、おせち料理を並べて皆の健康を祝う。今日もまた雪。どこに眼を向けても雪また雪である。雪ばかり見ているので、眼が少々おかしくなってしまう。しかし白雪でおおわれたタンネのクリスマス・ケーキの登りは夢のようでもあり、冷たい雪の感触が快い。重荷を背負っていることなどは忘れ、雪の森に溶け込み、幸せがそーっと包みこんでいく。これが冬山の美しさなのかなあと思ったりする。2150mピークからはナイフリッジとなる。難なくここを通過し、13時20分にジャンクションピーク(2430m)直下に着き、テントを張る。天気図によれば、依然として西高東低の冬型の気圧配置である。雪は夜が深まるにつれて激しさを増す。テントが埋まらないように何度も何度も雪かきをする。

1月2日(雪)
 朝起きると依然として雪が降り続いている。雪におおわれた樹々の中にわが家の黄色いテントがただ一つ美しくたたずんでいる。明日の天気がどうなるのか分からないので、サブザックを背に吹雪の中を爺岳主峰めざして出発する。岳樺の点綴する急斜面を登りつめると、じきに2430mの広々とした雪の台地、矢沢の頭に着く。ここで白沢天狗尾根と合流する。1時間半の登高で爺岳主峰に着く。風雪が旋回し、視界はまったくきかない。へたをするとホワイトアウトになる危険をはらんでいる。四方にピッケルを差込みツエルトを張る。風は唸り、ツエルトはバタバタとあおられるが、温かいラーメンで、こわばった身体はすっかり暖まる。猛スピードで下山し、あっという間にベース・キャンプに着く。天気図によれば明日は西高東低が崩れそうである。期待に胸をふくらませて眠りにつく。
 

          爺岳を背にして                       新雪のラッセル

 

        鹿島槍ヶ岳山頂・背景は剱岳

   

    

   

  

  

これらの写真は面白半分に自分で現像したものである。暗い上に解像度も悪いが、私にとってはとても懐かしい写真である。長く続いた風雪をくくり抜け、5日目にやっと快晴下の鹿島槍ヶ岳の高みに立つことができた。青春のふるき良き想い出である・・・イメージスキャナでとりこんだのは撮影37年後であった。
1月3日(晴)
 夜中の2時頃、テントの外に出ると満天の星空である。夜空の中に、南アルプスや八ヶ岳の峰々がシルエットとなって美しく浮かんでいる。ああ何と美しいのであろう。寒さに身をふるわせながら、夜の森に佇む。まるで夢の中にいるような幸せ。4日間も降り続いた雪の後の静寂・・・・・・
 今日は皆朝からはしゃいでいる。6時30分、元気良くベース・キャンプを発つ。爺岳への主稜線は朝陽に映え、赤、青、紫へと変化し、この美しい調べが朝の冷気を序々に暖めていく。光と雪の織りなす美しさにしばし我を忘れる。爺岳主峰をめざして腰までのラッセルをしながら、新雪の中に一本のトレールをしるして行く。9時に爺岳主峰に着く。ここからは鹿島槍ヶ岳へと続く稜線を辿って行く。樹々は連日の雪で真白く着飾り、たとえようのない美しさだ。真っ白な岳樺がコバルトブルーの空に映えすがすがしい。信州側には大きな雪庇が張り出し、樹間からは黒部川を隔てて秀峰剱岳や立山連峰の白い連なりが眩しい。10時20分冷池小屋に着く。色とりどりのテントが張られており、とても賑やかだ。いままで静かだっただけに少々戸惑ってしまう。最後の頑張りをきかせて、12時30分、待望の2890mの雪の高みに立つ。鹿島槍ヶ岳南峰の頂からは東尾根を登るパーティを指呼できる。五竜から白馬にかけての頂稜はもちろんのこと、北東には頸城山塊の山波が、そして南から南西にかけては南アルプス、富士山、八ヶ岳、奥秩父の山々が美しく浮かんでいる。初めての北アルプスで、こんなに良い天気に恵まれ、幸せな一日だ。
帰路は寝不足と疲労それに安堵感が加わって、全員激しい頭痛におそわれる。一種の高山病であろう。思考力が鈍り、爺岳東尾根へと分岐する下山路さえ分からなくなったりする。ふらついた足どりで16時20分にベース・キャンプに着く。みんな疲れて、ろくに食事もせずにシュラフにもぐりこむ。

1月4日(雪)
 予想した通り、台湾坊主の通過でなま温かい雪が激しく降りそそぐ。みんな雪でびっしょりになりながらもシリセードを楽しむ。雪のモンスターの中を縫い、ブナの森にさようならを言い、快調に下って行く。13時20分、鹿島の狩野さんの家に着く。