燃えるナナカマドと前穂・北尾根


北アルプス
上高地〜徳沢〜横尾山荘〜涸沢〜前穂北尾根V・VIのコル〜IV峰〜前穂〜奥穂〜涸沢〜徳沢〜上高地

登山日 1972年10月7日〜10月11日
参加者 上野(L)、牧、川口、山野、山本、沢田、日影館、笠井、石川
コース・タイム
 ○10月7日 
松本4:10-5:25上高地6:40-8:50徳沢9:30-10:40横尾山荘12:00-13:20本谷橋14:15-16:45涸沢(BC)
 ○10月8日 
BC7:05-7:27雪渓終了-8:10前穂北尾根V・VIのコル-9:35IV峰10:15-11:00前穂-17:00BC
 ○10月9日 
BC付近散策
 ○10月10日 
3:30起床、BC6:50-7:55本谷橋8:20-9:20横尾9:40-10:30徳沢10:55-11:45明神池付近の梓川の河原(昼食)13:40-14:30上高地17:05-18:20新島々18:46-19:20松本

10月7日(晴)
 男性は20余kg、女性と私は13kgプラス個人装備の荷をキスリングにつめて東京を発つ。
 4時少し前に松本に着き、時間を稼ぐために2台のタクシーに分乗して上高地へと向う。大正池は朝靄の中に静まりかえっている。山登りを始めて10年。ようやくにして踏みしめる安曇村の大地。始めて眼にする穂高の山並みはやはり素晴らしい。上高地は連休と紅葉のため人で大いに賑わっている。美しい落葉松を見やりながら朝食をとる。
 6時40分、キスリングを背負って歩き始める。10月の空は青々と澄みわたり、朝陽の中で落葉松は黄金色に映えている。エナガやコガラが梢から梢へと飛び交いながらさわやかに鳴いている。ニレやサワグルミの大木が空高く聳え、樹間から見える明神の東壁は大きい。
 痔の手術をしてから4ヶ月。しばらく山行もせず、1週間前に病いが再発し、治ったばかりでいつまた再発するとも分からない状態なので多少の不安はつきまとう。こんな身体なので荷の方は女性なみに軽くして貰い、荷の重さはそれほど感じない。梓川の流れは清冽であり、明神や前穂の岳々が水面に美しく映える。しばらく歩くと徳沢園に着く。陽は暖かく緑の豊かな草原である。この平和な緑の上でねむりをむさぼる人も多い。西には明神や前穂の岳々が高々と聳え、東には大滝山が非常に良く見晴らせる。
 ここから横尾にかけては前穂の東壁や北尾根が実に良く見える。陽射しは夏のように暖かく、まどろんでくる。横尾から少し歩くと屏風岩の東壁と北壁が圧倒的な高さで切り立っている。本谷橋のあたりはナナカマドの紅葉と岳樺の黄葉がとても美しい。屏風岩にかけての黄葉は特に美しく黄金色に燃えているようだ。ここでレクリェーションに来ていた多摩連絡所の人達や熊倉さんに会う。ここからは石川さんがバテ気味で足どりは鈍くなる。皆んなもだんだん疲れが出てきて、涸沢の小屋は真近に見えるのになかなか近づかない。けれど、まわりの色彩は夕陽の中でめまぐるしく変化し、私達を魅了せずにはおかない。道端を色彩るナナカマドの紅葉と、夕陽に燃える北尾根の黄葉は幻想的な美しさで私の心に迫ってくる。枯葉は夕焼けの空をぐるぐると旋い、群れをなして涸沢谷へ吸い込まれて行く。もう陽が沈んだ頃涸沢のキャンプ場に着く。すでに色とりどりのテントが無数に張られている。私達も比較的静かな眺めの良い所に石コロを整理してテントを2つ張る。暗闇の中での設営と炊事は少々手間がかかる。牧さんは後発の上野さんと笠井さんを迎えに本谷橋へ向って出かける。夜は満天の星。天の川が美しい。
 
                                    屏風岩               

 
 

            前穂・北尾根

   

      涸沢槍            前穂・北尾根

10月8日(晴)
 今日もまた、空は青々と澄みわたり、前穂、奥穂、涸沢岳、北穂が涸沢のカールの上に大きく聳え立っている。今日は皆んなと一緒にザイテングラートより奥穂、前穂へと行く予定であったが、前穂の北尾根があまりにも素晴らしかったので急拠予定を変更して山本君と私は北尾根へ行かせて貰う。
 V・VIのコルに向けて雪渓をつめていく。山本君は長い足で軽快に登高していく。私は息をハァーハァーさせながら後をついていく。1時間ほどでV・VIのコルにつく。眼下には奥又白池が見え、テントが5つ6つ張ってある。V・VIのコルからの北尾根の登高は、岩は大きくホールドはしっかりしていて快適だ。IV峰の最後の登りはチョックストーンのかかったチムニーを腕力で登り四峰にでる。四峰では前穂東壁の登攀を見ながらゆっくりと休憩をとる。東壁には4パーティほど取りついており、コールとハーケンの歌声が快く鳴り響く。落石の音が再三にわたって無気味に岳々にとどろきわたる。涸沢側では1パーティ三峰リッジに取りついている。奥穂の上野君のパーティとトランシーバーで通信すると、現在奥穂に向って登っているとのことであった。大休憩のあと三峰への登りにかかる。三峰の登りは高度感と多少の緊張感があり楽しい。ルートは技量に応じて自由自在にとれ、格好の岩のゲレンデを提供してくれる。山本君は私の存在などはかまわずに、どんどん先に登って行き姿も見えない。そして、私が二峰の頂上に着いたとき、彼はすでに前穂の頂上で休んでいる。11時前穂の頂上に着く。
 遮るものは何一つなく360度の大パノラマだ。上野君のパーティが来るまで2時間半ほど前穂の高みで待つ。空はこよなく蒼く、秋の陽の光は岩肌に戯れ、キラキラとゆらめいている。上野君のパーティと合流後、特製のウドンを食べる。何と美味しいことよ。

   

 

  

 下りは先発隊と後発隊に分れる。僕は後発隊員となる。北アの岳々を楽しみながら吊尾根をのんびりと下る。ザイテングラードからは歩きにくい石の上の道を下って行く。足がガクガクして来た頃ベース・キャンプに着く。夜は疲れて皆んな知らぬまに寝てしまう・・・・・。火事だ!!と笠井さんが叫ぶ。すると私の隣のシュラフが炎をあげて燃えている。あわててシュラフを手で叩く。発見が早かったので火が燃え広がらずに済みホッとする。原因は消し忘れたランタンのローソクが上から落ちてきたためであった。火傷は2名、損害はシュラフ、キルティングコートであった。大事に至らなかったから良かったものの今後休むときは当然の事ながら懐中電灯を利用しよう。
 今夜はジャコビニ・チンナー流星雨が北西の竜座付近に見えるというので、11時頃よりテント村は賑やかになってくる。流れ星が飛ぶたびに「ウォッー、ウォッー」と大きな歓声がこだまする。疲れて眠かったのでほとんどシュラフにもぐっていたが普段より少々流れ星が多かった程度で流星雨は見られなかったようだ。
 
 
 
 
10月9日(晴)
 今日も又快晴。朝起きると疲れており身体の調子が悪い。そして少々吐き気がする。今日は北穂東稜の登攀はとりやめ、南稜から北穂、涸沢岳をめざす組(上野、牧、川口、沢田、笠井)と散策を楽しむ組(山野、山本、日影館、石川)にわかれる。
 ベースキャンプの付近を散策したり、写真を撮ったりしてのんびりと過ごす。ナナカマド、ドウダンツツジ、チングルマなどの紅葉や岳樺の黄葉が美しい。秋も深いというのにミヤマダイコンソウやタカネシオガマが花をつけて咲いている。時々、落葉は群をなして飛翔して行く。涸沢槍のピラミッドの何と美しいことよ。時々北穂登山パーティーの元気な声がトランシーバーに飛びこんでくる。付近の岩でアップザイレンをしたりオコジョと戯れたりしているうちに陽は翳ってくる。夕刻元気な顔で登山パーティは戻ってくる。
 夜は遅くまで、いろいろな歌を唄ったり、山の話をしたりして過ごす。他のテントも明日は皆んな下山するらしく、いつまでも灯りがともっている。今宵も満天の星。天の川が美しく天にかかり、穂高嶺のシルエットが大きくたたずんでいる。

10月10日(晴)
3泊したテントを撤収して、往路を下山する。何度も何度もうしろを振り向きながら穂高の嶺々やナナカマドや岳樺の一枝一枝に別れを告げる。往きとは比較にならない速さでどんどん下って行く。明神池付近の梓川の河原で陽なたぼっこをしながらソーメンの昼食をとる。ああ、何と長閑かで何と幸せなのだろう。ここより、少し歩くと上高地に着く。大変な混雑のため、2時間半も待ってようやくバスに乗りこむ。松本では酒が回って、ほろ酔い気分となり、想い出を沢山積んで汽車に乗る。

           写真撮影:山本ら        詩・山よ友よ!(秋)