冬の北アルプス・小日向尾根から杓子岳


北アルプス・後立山連峰
猿倉〜小日向尾根〜杓子岳〜白馬岳(猛吹雪のため、途中下山)〜猿倉
   
登山日 1969年12月30日〜1970年1月3日
参加者 山野Y、山野T、市倉、上野
コース・タイム
○12月30日
新宿22:30
○12月31日(晴) 
5:29白馬5:55-6:05細野6:45-8:00二俣8:30-12:00猿倉13:55-14:15 双子、杓子分岐点、CT-16:10デポ地-16:45 CT
○1月1日(晴のち雪)
CT6:45-8:10デポ地8:40-9:10小日向のコル9:55-11:15カンバ平-12:30J.P.下部-12:50カンバ平14:10-14:45 CU
○1月2日 (小雪のち曇)
CU8:55-10:00カンバ平-12:05J.P.-12:50杓子岳-13:25J.P.14:25-15:10カンバ平-16:00 CU
 ○1月3日(雪) 
CU10:05-10:50猿倉11:15-13:00二俣-14:00細野

 当時の冬山は荷物が重かったので、デポ地への往復ということをよくやっている。風雪のため白馬の頂上は踏めなかったものの、杓子岳に登頂でき、元旦には白馬三山、不帰岳、唐松岳、戸隠山、黒姫山、妙高山、火打山等のすばらしい雪景色に接することができた。
 

            白馬三山

 
 

    見晴らしのいい幕営地。冬山はすばらしい

 

         杓子岳              風雪の 白馬岳への登高