花の山旅・白馬岳から朝日岳


北アルプス・後立山連峰
猿倉〜葱平〜白馬岳〜雪倉岳〜朝日岳〜羚羊原〜蓮華温泉

登山日 1971年7月29日〜7月31日
参加者 山野(L)、江間、折笠
コース・タイム
○7月29日(晴ときどき曇)
新宿、前夜22:30-5:38大糸線、白馬5:44(バス)-6:12猿倉7:05-8:00白馬尻8:25-11:20葱平12:45-15:40白馬山荘
○7月30日(曇)
白馬山荘6:57-7:10白馬岳-7:58三国境-9:30鉢ガ岳-10:44雪倉岳-11:30雪倉池付近12:47-14:10小桜ガ原-14:36朝日岳・水平道分岐点-16:13朝日小屋
○7月31日(曇)
朝日小屋4:55-5:47朝日岳6:35-7:10白高地平-7:55五輪ノ森-8:20花園三角点-8:35羚羊原-9:10白高地沢横断点10:35-10:40ヒョウタン池-11:05瀬戸川モッコ渡し-12:50蓮華温泉(入浴)14:05-14:35蓮華温泉口15:00(バス)16:20大所口-16:55大糸線、平岩18:29-18:56大糸線、南小谷22:00

 今日登る三人は東急・池上線の池上、千鳥町、久ヶ原と3つ並んだ駅の町に住んでいる。登山口の猿倉は沢山の人でごったがえしている。これから登る大雪渓の奥に杓子岳と白馬岳が青空の中にくっきりと聳え立つ。白馬尻より雪渓があらわれ、どこかのスキー部がスキーの練習をしている。たくさんの登山者に交じって一歩一歩登高して行く。正面の杓子岳の岩壁は威圧的な感じすらする。夜行列車の疲れと暑さでまどろんでくる。雪渓上を1.5〜2Km歩くと葱平に着く。ここから山荘まではハクサンイチゲ、ミヤマキンポウゲ、シナノキンバイ、シロウマオウギなどの咲くお花畑の中を縫って登って行く。休み休み花を愛でながら、時々下ったりしながらの楽しい山道だ。

 ウルップ草、ミヤマキンバイ、ハクサンフウロなどが群生する道をほんのちょっと登ると2933m白馬岳の高みに着く。霧がたちこめてはいるものの、いくつもの雪渓を抱えた雪倉岳への稜線が美しい。緑の山肌に雪渓がくっきりと浮かんでいる。あんなに賑やかだった登山者はそのほとんどが白馬大池へのコースへと行ってしまう。ぼくらが向かう朝日岳への縦走路は静かなる道となり、心もなごんでくる。三国境から雪倉岳にかけては彩りも鮮やかに高山植物でいっぱいだ。ハクサンコザクラ、イワベンケイ、ミヤマアズマギク、チングルマ、ヨツバシオガマ、タカネシオガマ、ハクサンフウロ、タカネナデシコ、イワカガミ、イワギキョウ、ミヤマキンバイ、シロウマオウギ、ミヤマムラサキ、ハクサンイチゲ、シナノキンバイ、コマクサ等々。
 雪倉岳直下、雪倉岳付近の雪渓で昼食をとる。この頃から濃い霧がたちこめ、視界は極度に悪くなってくる。ここから小桜ガ原への道は赤男山を大きく巻いている。ルートは稜線から大きく外れており、一時は道を間違えてしまったのではないかと思ったほどだ。小桜ガ原一帯はハクサンコザクラ、イワイチョウ、コバイケイソウ、チングルマ、シナノキンバイ、キヌガサソウ、サンカヨウ、ミズバショウ、ゴゼンタチバナなど湿性の植物が咲き乱れている。特にハクサンコザクラの群生はすばらしい眺めだ。朝日小屋へは雪渓をいくつも横切り、複雑な道を登り降りして行く。朝日小屋のたつ朝日平はのびやかな高原で、雷鳥が飼われている。夜は人迷惑なパーティがいて、なかなか寝付かれず困った。

 小屋から50分ほど登ると朝日岳の頂に着く。雪倉岳から白馬岳への稜線が大きく連なっている。今日もまた視界が悪く、遠くの山々は霧の中に隠れて見えない。朝食をとった後、蓮華温泉への道を降りて行く。白高地平付近では雷鳥の親子に会い、ほのぼのとした気持ちになる。湿地帯の下降路が長く続き、その中に花園、羚羊原とよばれる大きなお花畑がある。ニッコウキスゲ、アヤメ、オオバギボシ、ミヤマリンドウ、カライトソウ、ワタスゲなどが美しく咲き乱れている。めずらしいモッコ渡しで瀬戸川を渡り、滝見新道から蓮華温泉へと降りる。久し振りに湯に浸かって、爽やかな気分となる。
  

             雷鳥・白高地平                    タカネツメクサ

  

     ミヤマアズマギク   タカネヤハズハハコ            シロウマオウギ

  

          ミヤマムラサキ                         コマクサ

     

           キヌガサソウ                    ミズバショウ   リュウキンカ

  

          ミネウスユキソウ                      タテヤマウツボグサ