双六岳から剱岳縦走


北アルプス
新穂高温泉〜双六岳〜三俣蓮華岳〜野口五郎岳〜薬師岳〜スゴノ頭〜五色ヶ原〜雄山〜剱沢〜剱岳〜室堂

登山日 1968年7月27日〜8月2日
参加者 今林(L)、内田、金井、富宇賀、橋本、山渕、関、一色、梅田、山野
コース・タイム
○7月27日(曇)
東京16:30-22:06名古屋
○7月28日(曇ときどき雨、夜台風上陸)
4:18高山-7:00新穂高温泉-7:20ワサビ平-13:30鏡平(泊)
○7月29日(曇ときどき雨)
7:20-9:40双六小屋-11:25双六・三俣蓮華中間点、湯俣川上流雪渓(泊)
○7月30日(雨降ったり、やんだり)
6:20-7:05三俣蓮華岳-8:45黒部五郎小屋-10:45カール下11:30-15:05北ノ俣岳-16:00太郎平(泊)
○7月31日(曇ときどき雨)
5:30-8:30薬師岳-10:05北薬師岳-11:10間山-12:05スゴ小屋12:50-16:05越中沢岳-18:10五色ヶ原
○8月1日(曇のち雨)
7:35-9:15獅子ヶ岳-10:45浄土山12:00-12:15一ノ越12:20(ここからは内田、山野のみ剱岳へ向かう)-13:00雄山-14:05真砂岳-15:00剱御前小屋-15:30剱沢キャンプ場(泊)
○8月2日(曇、午後から雨のち曇)
5:45-6:20剱御前小屋6:40-8:25前剱-9:50剱岳10:20-13:25剱御前小屋-14:30雷鳥平-15:15室堂15:45(バス、ケーブル、地鉄)-18:45富山

 6日間の過酷な縦走であった。今林チーフ・リーダー以下10名が台風の中を新穂高温泉から入山し、どろんこ道をフーフー登り、三俣蓮華の雪渓に夕食の肉を埋め忘れ、最後の薬師岳から五色ヶ原へ道では疲れはてて、ちょっと歩いては倒れ込む者が続出し、記憶によれば最初と最後の到着時間は1時間半くらい差があったように思う。とにかくバラバラに到着し、金井さんの当時の記録を読み返してみると「夕食のあたたかいラーメンがおいしかった」と書かれているが、私の記憶では半分くらいの人は疲れすぎて、何も食べずに寝てしまったような気がする。そんなに疲れていたのに、内田さんと私の二人だけはさらに雄山から剱岳へと縦走を続けたのだから、今の私にはちょっと信じられないことである。