尾瀬・片品川・中ノ岐川・小淵沢


群馬県の山・尾瀬の沢
尾瀬・片品川・中ノ岐川・小淵沢遡行〜小淵沢田代〜尾瀬沼〜大清水

登山日 2002年8月4日

参加者 鈴木(CL)、高橋、長谷部、阿部、山野

天候  晴

コース・タイム

大清水6:05-6:49小淵沢橋-7:00堰堤上、入渓点7:22-8:50登山道横断点-10:50上部大滝-11:10白糸状の滝-12:18小淵沢田代12:50-13:35尾瀬沼・長蔵小屋14:05-14:40三平峠-16:10大清

 午後の9時半頃に三郷を発ち、尾瀬・大清水に着いた時は夜中の1時頃だった。雷雨もおさまり、1時間ほど呑んでから就寝した。お酒に弱い私は暑さのせいか、お酒のせいか何となく寝苦しい。3時間ほど仮眠して起床。まどろむ感じで歩いていたが、ミソサザイの囀りを聴き、冷たい水の中に足を踏み入れれば、シャンとしてくるから不思議だ。ブナなどの落葉樹が茂り、心は憩らぐ。最初は平凡な流れの中をいく。6mほどの幅広のナメ滝があらわれ、その上に40mのナメが続く。3〜7mほどの滝が続くが、どれも直登が可能であった。林道が橋で横切るが、しばらく遡ると、長い心地よいナメ滝が続くようになる。15m滝を左からシャワークライムで越える。やがて現れた多段のナメ滝は美しく、絵になる眺めであった。コマドリの囀りがこだまし、幸せに包まれる。最後に白糸状の15m滝に出逢う。直登は無理と判断し、左岸から捲いていく。先行パーティから「スズメバチの巣を見ましたか」といわれ、ちょっとドッキリ。実は2年前に刺され、2回目は怖いから。最後の二俣は左俣をつめていく。直に水は涸れ、10分ほどの藪漕ぎでキンコウカの咲く小淵沢田代にでる。湿原の中にみんなの優しい笑顔が浮かぶ。湿原の遠く彼方には四郎岳が霞んでる。遙かな尾瀬遠い空・・と口ずさむ。沢はロープなしで登れる滝とナメが多く、最後に湿原にでるという雰囲気が気にいった。オオシラビソやシラビソの林の中を尾瀬沼へと向かう。沼の近くの林で囀るメボゾムシクイがいつになく良い響きであり、感動する。湿原に咲くコオニユリがとても鮮やかであった。高校の時、病気でほとんど体育の時間は見学という状態であった。大学に入って身体を鍛えようと思って、ハイキング部に入り(当時19才)、最初の頃に登山したのが尾瀬・燧ヶ岳であった。39年振りに尾瀬沼を訪れて、感慨深かった。帰りは温泉に立ち寄って垢を落とす。またまた激しい雷雨となった。

   

                  中流部15m滝・シャワークライミング

                                   
                       上部15m白糸状の滝
   

            上部ナメ滝                  小淵沢田代

 尾瀬ヶ原・コオニユリ