碓氷・裏妙義・赤城山探鳥の旅
群馬県

探鳥日 2008年3月6日〜7日 

○3月6日(晴)
霧積ダム〜碓氷湖〜裏妙義〜赤城温泉

 霧積ダムにはカモ類はほとんどいない。オオタカが多く、クマタカの飛翔をじっくりと見ることができた。碓氷湖ではカヤクグリが目を楽しませてくれた。裏妙義ではオシドリ、アトリ等に会えたが、ヤマセミには会うことができませんでした。宿泊した赤城温泉は奧静まった秘湯である。

<観察した野鳥>
カワウ、オシドリ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、クマタカ、トビ、オオタカ、ノスリ、キジバト、コゲラ、カワガラス、ミソサザイ、カヤクグリ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、エナガ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ホオジロ、アトリ、カワラヒワ、シメ、スズメ、カケス、ハシボソガラス、セグロセキレイ、キクイタダキ (以上30種)。

○3月7日(晴)
赤城温泉〜赤城山(桜の広場・箕輪・大沼・赤城木の家)〜前橋市・嶺公園〜藤岡市・庚申山公園

今季の赤城山は雪が多い。赤城温泉周辺ではイカルが群れをなしていた。イカルやミソサザイの囀りがよく聞かれた。昨年は約100羽いたという赤城山・箕輪のレンジャクは一羽もいなかった。こんなこともあるんですね〜。
赤城木の家の所ではゴジュウカラを、帰りに立ち寄った庚申山公園ではミヤマホオジロやビンズイをじっくりと観察することができた。

<観察した野鳥>
カワウ、マガモ、カルガモ、コガモ、オナガガモ、トモエガモ、ホシハジロ、トビ、キジバト、アカゲラ、コゲラ、アオゲラ、ヒヨドリ、モズ、カワガラス、ミソサザイ、カヤクグリ、イワヒバリ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、エナガ、コガラ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、ミヤマホオジロ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、ビンズイ、アトリ、カワラヒワ、マヒワ、ベニマシコ、シメ、イカル、スズメ、ムクドリ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、キクイタダキ、ルリビタキ、タゲリ、メジロ、ハクセキレイ (以上48種)。