浅草岳・守門岳での探鳥
新潟県・魚沼市

探鳥日 2006年6月14〜15日
参加者 2名

○6月14日(晴) 浅草岳
 前日の夕方、大白川の大雲沢ヒュッテに入る。朝4時半に起床する。守門川に沿って大原スキー場奧の林道をイヌワシが棲息するという岩場まで行く。あちこちでホオジロが囀っている。クロツグミが陽気に唄う。アカゲラが飛んでいる。短い時間だったので、今回もイヌワシとご対面することはできなかった。
 朝食後、ヒュッテのオーナー(Aさん)と浅草岳へ向かう。まだまだ雪がたくさん残っており、ネズモチ平登山口まで車で行けない状況だった。登山口の30分位手前から歩き始める。今回は初めて野鳥の写真撮影を目的にデジスコ・セット(三脚を入れ約4Kg)を背負って山を登った。少し歩いたところでオオルリが囀りだしたので、私は撮影の準備をし、浅草岳の頂上を目指すAさんと分かれる。オオルリは登山道から外れ、行きにくい場所だったので、結局撮影はできなかった。ぶなゾネ尾根を少し登ったが、重いデジスコを持っては登りづらかったので、戻って林道を桜ゾネ尾根へと向かう。後でAさんから聞いた話では至近距離のオオルリと出逢ったようだ。林道からは守門岳、黒姫、烏帽子岳がよく望まれ、ホトトギスの雄たけびがよく響く。雪が融けたばかりの道端にはキクザキイチゲ、ショウジョウバカマ、ヤマエンゴサク、シラネアオイ等の花が咲いている。桜ゾネ尾根を少し登るとオオルリが囀っている。近づいた所逃げていってしまった。しばらくすると、4本位のブナの巨木で一斉にアカゲラがキョッ、キョッ、キョッ、キョッと鳴きだす。しじまを打ち破るあまりの賑やかさにびっくりしてしまう。しばらくの間、ブナの高木のテッペンではアカゲラとサメビタキが交互にとまる。ゆっくりと写真撮影をする。アカゲラはよく見かける野鳥だが写真撮影をしたのは初めてのことである。サメビタキは以前に見たような気もするが、はっきりとした記憶はない。よく見れば付近一帯のブナの枯れ木には大きな穴がいっぱいあけられていた。アカゲラが去っていってしまうと、あたりは急に静かになる。そよ風のただようブナ林でしばらく憩う。今日、長岡市では気温28℃を記録したようであるが、ブナ林の中では暑さを凌げる。桜ゾネ登山口でAさんと合流し、下山する。頂上付近のヒメサユリは芽がでてきたので、咲くのは2週間後位であろうとのことであった。宿の夕食のウドやコシアブラの天ぷらと手打ちウドンが美味しかった。

○6月15日(曇、風強し) 守門岳
 保久礼までAさんの車で送ってもらう。保久礼小屋付近のブナ林では、キビタキが美しく囀っているが姿は見えない。40分ほど階段状の道を歩くとキビタキ小屋につく。 キビタキ小屋横のブナの巨木ではなんとコルリのソロが25分間も続き、うっとりと聞いてしまう。コルリの歌声はよく透り、至高の音楽であった。キビタキ小屋や保久礼小屋付近には長く留まっていたが、キビタキやコルリは高木の茂みで囀っていたため、姿を見つけることはできなかった。保久礼登山口から二口登山口までゆっくりと下る。いたるところタニウツギがピンクの花を咲かせている。低気圧の接近で風がだんだんと強くなってきた。守門岳・護人清水の上のブナ林では、強風に大きく揺れる姿をいつまでも見ていた。時々キビタキやオオルリの囀りが遠くで聞こえるが、このように風の強い時は梢に野鳥はやってきませんねぇ。二口登山口までAさんに迎えにきていただき、守門温泉に浸かってから小出行きのバスに乗った。今回はキビタキやオオルリの写真撮影が目的の一つだったが、願いは叶わなかった。何回か通わないと無理なんでしょうね。でもアカゲラとサメビタキの写真を初めて撮ることができ、初夏のブナ林に浸れて楽しい山旅であった。

<観察した野鳥>
ホトトギス、ウグイス、シジュウカラ、ヒガラ、キビタキ、オオルリ、クロツグミ、アカゲラ、ホオジロ、アオジ、トビ、サメビタキ、コルリ、コゲラ、メジロ、キセキレイ、ハシボソガラス、スズメ

     画像をクリックすると拡大します


  アカゲラ   アカゲラ   アカゲラ   アカゲラ   サメビタキ
  サメビタキ  ウラジロヨウラク   タニウツギ   タニウツギ   タニウツギ