夏の野鳥2007

            画像をクリックすると拡大します


アカゲラ   Dt
 長野県  07.06
アカゲラ   Dt
 長野県  07.06
アカゲラ   Dt
 長野県  07.06
アカゲラ   Dt
 長野県  07.06
アカゲラ   Dt
 長野県  07.06
アカゲラ   Dt
 長野県  07.06
アカゲラ   Dt
 長野県  07.06
アカゲラ   Dt
 長野県  07.06
ミソサザイ   Dt
 長野県  07.06
ミソサザイ   Dt
 長野県  07.06
ミソサザイ   Dt
 長野県  07.06
ミソサザイ   Dt
 長野県  07.06
ミソサザイ   Dt
 長野県  07.06
アカショウビン Dt
 長野県  07.06
アカショウビン Dt
 長野県  07.06
アカショウビン Dt
 長野県  07.06
アカショウビン Dt
 長野県  07.06
アカショウビン Dt
 長野県  07.06
コサメビタキ Dt
 長野県  07.06
キビタキ    Dt
 長野県  07.06
カイツブリ親子 F
 東京都・練馬区
    07.06
カイツブリ幼鳥 F
 東京都・練馬区
    07.06
カイツブリ親子 F
 東京都・練馬区
    07.06
カイツブリ親子 F
 東京都・練馬区
    07.06
カイツブリ親子 F
 東京都・練馬区
    07.06
カイツブリ親子 F
 東京都・練馬区
    07.06
カイツブリ親子 F
 東京都・練馬区
    07.06
カイツブリ親子 F
 東京都・練馬区
    07.06
カイツブリ親子 F
 東京都・練馬区
    07.06
カイツブリ親子 F
 東京都・練馬区
    07.06
カイツブリ親子 Dt
 東京都・練馬区
    07.06
カイツブリ親子 Dt
 東京都・練馬区
    07.06
カイツブリ幼鳥 Dt
 東京都・練馬区
    07.06
カイツブリ幼鳥 Dt
 東京都・練馬区
    07.06
カイツブリ親子 Dt
 東京都・練馬区
    07.06
カイツブリ親子 Dt
 東京都・練馬区
    07.06
カイツブリ親子 Dt
 東京都・練馬区
    07.06
カイツブリ親子 Dt
 東京都・練馬区
    07.06
メジロ・ヒガラ  F
   山梨県 
    07.06
キビタキ♀・
   メジロ  F
 山梨県  07.06
ヒガラ・
 キビタキ♂ F
 山梨県  07.06
オオルリ♂  F
   山梨県 
    07.06
オオルリ♂  F
   山梨県 
    07.06
オオルリ♂  F
   山梨県 
    07.06
オオルリ♂  Dt
   山梨県 
    07.06
オオルリ♂  Dt
 山梨県  07.06
キビタキ♂   F
 山梨県  07.06
キビタキ♂   F
 山梨県  07.06
キビタキ♂   Dt
 山梨県  07.06
キビタキ♂   F
 山梨県  07.06
キビタキ♂  Dt
 山梨県  07.06
センダイムシクイ   F
 山梨県  07.06
ビンズイ    F
 山梨県  07.06
         Dt
 山梨県  07.06
          F
 山梨県  07.06
長野県        度々アカショウビンの透る囀りが高原を流れていく。姿を求めて山道を上がったり、
            降りたり。あの美しい旋律に耳を傾けているだけでも幸せなのだが、やっぱり見て
            みたい。二日目の朝と夕方、運良く二ヶ所で見ることができ、写真も撮れて幸せで
            した。アカショウビンがアカゲラの巣の近くにとまったものだから、雌雄のアカゲラ
            とのバトルも見ることができました。よく行く浅草岳や守門岳の山麓で囀りを耳にする
            ことはあるが、見たのは初めてである。
40年間思い続けた幻の鳥にようやく会えた
            というのが実感です。ここには二羽のアカショウビンがいました。

            
ミソサザイは幼子のようで、茶目っ気たっぷりでかわいいですね。
            あの囀りには山でいつも励まされています。やけにそばで鳴いていると思ったら、
            1, 2メートルしか離れていないということがよくあります。

            
アカゲラがせっせと餌を運んでいる。よく見るとハルゼミをくわえている。
            ここにはアカゲラが多く棲んでおり、巣穴もいくつか見られました。

            
コサメビタキの巣も二ヶ所見ることができました。抱卵中のコサメビタキです。
            だいぶ遠くに離れた所を撮影しました。

            
キビタキはいっぱいいて、いつでも写真を撮れると思っていたら、そうではなかった。
            帰り際に撮りましたが、枝被りの写真しか撮れませんでした。

            コルリ、クロツグミ、クロジ、アオジ、ゴジュウカラ、サンショウクイ、アカハラ等が
            さわやかに囀っていました。野鳥が奏でる音楽はすばらしかったです。

       
東京都練馬区   いつもは小さく見えるカイツブリですが、幼鳥に囲まれていると大きく見えますね。
            お食事の時間は楽しいです。親のお背中にのって、らくちんです。

山梨県       コルリの撮影にでかけたのですが、暗かったため、デジスコのISO感度を400に上げ
            ました。それでもSSは上がらず(1/10sec)、ピンボケ写真であった。コルリは一回
            しかやって 来ませんでしたが、
オオルリキビタキはよくやってきました。
            やはり高感度にしても、SSは上がらず、撮影は難しかったです。

撮影機材
Dt : デジスコ(コーワTSN-774_キャノンIXY1000)で撮影。
F  : Lumix FZ50(1.7倍テレコンDMW-LT55)で撮影。
 冬の野鳥2006・PartW  春の野鳥2007  春の野鳥2007・PartU  夏の野鳥2007・PartV