シジュウカラの巣立ちまで

            画像をクリックすると拡大します


○4月12日(産座づくり)
自家製の巣箱をダイニングルーム南のナツツバキの枝に昨年とりつけた。
昨春は営巣しなかったが、今春は4月12日に巣材運びを始めた。
口いっぱいに巣材をくわえて運んでいる。刺激しないように窓越しに撮影した。
○4月13日
朝に観察したが、順調に巣づくりは進んでいる。
今日で産座つくりは完了した模様。
○4月14〜29日
巣箱への出入りはたまに見られる程度であり、中の様子はつかめない。
○4月30日
今までと違って、度々巣箱への出入りが見られるようになる。
○5月7日
抱卵している模様。夫婦交代で出入りしているので、抱卵も交代で行うものと思っていた。
でも百科事典によると、抱卵は雌だけが行うようだ。
○5月8日
巣箱への出入りはあまり見かけず、かなり長時間抱卵している。
巣穴から、かなり長時間顔だけ出して外を眺めた後、顔を引っ込める。
雛の誕生?
○5月9日(雛誕生)
夫婦の出入りが頻繁になる。餌を持って入り、糞を持って飛び去る。
雛が誕生した模様だ。
○5月10〜14日
夫婦で餌運びに大忙し。
○5月15日
朝の5時20分には雛に餌を与えていた。
○5月18日
窓を開けると、給餌の時に「チチチチッチチチチッ」と鳴く雛の声がよく聞こえる。
餌は蝶や蛾の幼虫が多いが、たまに蜘蛛を見かける。
○5月20日
強い雨の中、朝薄暗いうち(5時30分)から餌運び、糞の除去を行っていた。
昨日までは親鳥が巣箱の中へ入って餌を与えていたが、
親鳥が巣箱の外から嘴だけ入れて給餌する姿が見られるようになる。
給餌間隔がとても短くなってきた。
給餌以外の時でも、雛の鳴き声がよく聞こえてくる。
○5月21日
今日は給餌間隔がとても短い。わが家の150m西には比較的大きな雑木林があり、
餌はそこから調達するのであるが、連続的な感じで給餌することがある。
どうもヘルパーがいるようである。巣穴から時たま雛の姿が見える。

○5月22日(巣立ち)
今日は昨日に比べると朝の給餌間隔がやや長い。時々親鳥が餌をくわえずに入って、
なかなか出てこない時がある。巣穴越しに雛の姿が頻繁に見えるようになる。
巣の中があわただしい感じになってきた。
最初の雛が顔を出す。口や頬が黄色くかわいい。親鳥が近くで餌をくわえているが、
雛には与えない。6羽の雛が連続的に巣立っていく。一時、3羽の成鳥が巣の回りにおり、
やはりヘルパーがいるんだなぁと思った。
しばらく間があき、親鳥もいなくなり、もうすべて巣立ったのかなと思ったら、
親鳥が戻ってきて、巣のところで囀り始める。すると7番目の雛が顔を出す。
まだ雛がいたのだ。全部で7羽の雛が無事に巣立っていった。最初の雛が顔を出し、
最後の雛が飛び立つまで25分間(9時20分〜45分)であった。
妻も一緒に巣立ちの一部始終を観察した。 妻は初めての経験を喜んでいた。
雛が全部巣立ち、しばらくしてから餌をくえたり、くわえなかったりして巣穴を覗きに
くる成鳥が何羽かいた。ヘルパーなのだろうか。
巣箱のかけてある枝にとまった雛は一羽だけであった。その他は直ちに近くの雑木林の
方へ飛んでいった。雑木林へ足を運んだが、雛の姿を確認することはできなかった。

4月12日に産座をつくり、9日に雛が誕生し、13日目に全員無事に巣立った。
その間41日であった。 うれしさとともに、寂しさもやってきた。
旅立ちの後の寂しさ? 祭りの後の寂しさ?
41日間ありがとうございました。
巣立ち後よくできた産座を眺める。苔や細かい枝等でつくられた層の上には白い綿毛が
敷きつめられている。その上の白い固形物は雛の糞である。
巣箱は125mmX115mmの大きさである。
仲間たちは夏鳥の観察に昨日、今日と戸隠高原へ探鳥にでかけた。
私はシジュウカラの巣立ちが見られないと思い、参加を申し込まなかった。
おかげで素敵な巣立ちの一部始終を見届けることができた。
シジュウカラさんよありがとう! みんな元気に育ってね!
さあどうしようかな   出ておいで  さあ出ようかな  さあ飛ぼうかな
はじめて見る世界 さあどうしようかな 巣箱の上の枝の雛  巣立ち雛
小さな庭だけど  巣箱の中の産座   産座
撮影機材
オリンパス E3_ZUIKO DIGITAL ED50-200mm F2.8-3.5 SWDまたは
ZUIKO DIGITAL ED300mm F2.8で撮影。