奧日光・探鳥会

栃木県

探鳥日 2005年6月4日-5日
参加者 野鳥の会
天候  6月5日(晴れたり曇ったり、一時雨)
コース 小田代原〜光徳入口〜湯元温泉〜湯ノ湖〜湯滝〜戦場ヶ原〜赤沼
 私は一日目の小田代原〜光徳入口コースには参加せず、二日目の湯ノ湖〜赤沼のコースから参加した。早朝の4時から湯ノ湖を一周する。湖畔の道はシャクナゲとトウゴクミツバツツジで美しく彩られていた。コルリとキビタキの美しい二重奏が湖畔を流れて行った。ブナの梢で囀るコルリの姿にしばらく魅入った。
 朝食後湯滝から戦場ヶ原へと向かう。豪快な湯滝を眺めていると滝の上部左岸にカワガラスがとまっている。渓流沿いの道はトウゴクミツバツツジが彩り鮮やかに咲き、ミソサザイやキビタキ等が囀る。小田代原への分岐付近の林では、オオアカゲラ、アカゲラ、カッコウ、キビタキ、ニュウナイスズメ、イカル等を観察する。カッコウは頻繁にやってきてじっくりと観察すことができた。ホトトギスはさかんに鳴いていたが、その姿を観察することはできなかった。
 戦場ヶ原ではホオアカとノビタキの雌雄の姿を頻繁に見ることができ、楽しかった。赤沼に近づく頃、オオジシギの鳴き声を聞く。雨の中その姿を探し求めたが見つけることはできなかった。
 今回の探鳥会は雨の予報にもかかわらず、天気は比較的良く、たくさんの野鳥に会えて幸せであった。これは同行の方々の鋭い観察力のおかげである。感謝!感謝!
 いつものように、おみやげには湯葉を買ってゆく。

<観察した野鳥>
キビタキ、ヒガラ、シジュウカラ、キバシリ、ホオジロ、ホオアカ、アオジ、イカル、ハシボソガラス、ハシブトガラス、マガモ、ノスリ、トビ、キジバト、カッコウ、ホトトギス、ツツドリ、アカゲラ、オオアカゲラ、コゲラ、ツバメ、イワツバメ、キセキレイ、セグロセキレイ、ミソサザイ、カワガラス、ノビタキ、ウグイス、コサメビタキ、モズ、ムクドリ、コジュケイ、コルリ、アオサギ、カケス、エゾムシクイ、スズメ、ニュウナイスズメ、オオジシギ(以上39種)

                     写真1