武蔵丘陵・森林公園・探鳥会

埼玉県・滑川町

探鳥日 2005年1月23日
参加者 野鳥の会
天候  曇

 森林公園は東西約1km、南北約4km、総面積304ヘクタールを有し、武蔵野の面影を残す丘陵地帯である。今日は気温が上がらず、肌寒い一日であった。森林公園の青い鳥といえば、ルリビタキのことである。落葉の上や小枝に、ある時は池の氷の上に頻繁に見ることができた。その他多く見られたのはシロハラやツグミであった。山田大沼では珍しい雌雄のトモエガモに巡り逢うことができ、感激した。また、めずらしいヒヨドリのホバリングを見ることができた。福寿草が黄色い花を咲かせ、八重寒紅が冬の公園を彩った。

<観察した野鳥>
カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、オオタカ、ノスリ、トモエガモ、コガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、コジュケイ、バン、オオバン、キジバト、コゲラ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、ヒヨドリ、モズ、カヤクグリ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、ルリビタキ、ジョウビタキ、エナガ、シジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、アオジ、カワラヒワ、シメ、スズメ、カケス、ハシブトガラス、キクイタダキ(以上39種)

 

            雌雄のトモエガモ                        

 

                                                八重寒紅

                楽しい冬の公園散歩0301