多々良沼・城沼・渡良瀬遊水地での探鳥
群馬県・館林市・板倉町

探鳥日 2008年1月29日 
天候   曇

 沼池ではオオハクチョウ、コハクチョウ、ミコアイサ、トモエガモの大きな群れを観察した。
トモエガモの多いのが、今季の冬鳥の特徴なのでしょうか。
オオタカが枝の低い所からカモ類を狙っていた。
 渡良瀬遊水地では7種の猛禽を観察し、特にチュウヒの飛翔がよく見られ、ハイイロチュウヒの飛翔が印象に残った。またミヤマガラスの飛翔も観察することができた。今回の探鳥では日帰りで65種もの野鳥を観察することができ、望外のよろこびであった。

<観察した野鳥>
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、オオハクチョウ、コハクチョウ、コブハクチョウ、マガン、カルガモ、マガモ、オナガガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヨシガモ、トモエガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ヒドリガモ、アメリカヒドリ、バン、オオバン、ミコアイサ、カワアイサ、セグロカモメ、ユリカモメ、カワウ、タシギ、カワセミ、ヒバリ、タヒバリ、ハクセキレイ、キセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ツグミ、ウグイス、ジョウビタキ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン、カワラヒワ、シメ、ベニマシコ、キジ、キジバト、ミヤマガラス、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ムクドリ、オナガ、スズメ、オオタカ、ノスリ、トビ、 チュウヒ、ハイイロチュウヒ、ミサゴ、チョウゲンボウ、コチョウゲンボウ (以上65種)