素晴らしきご来光・南アルプス南部縦走


南アルプス南部
椹島〜千枚岳〜悪沢岳〜赤石岳〜赤石小屋〜椹島

登山日 1997年10月16日〜19日
参加者 内田J(L)、内田Y、杉山、若宮、山野

 赤石岳に最初に興味を持ったのは白籏史朗氏の赤石沢遡行記を読んだ時である。それは11日かけて遡った1968年10月の記録である。驚くことなかれ、なんと各自50Kgの荷を背負って登っている。その後、彼や荒川紀一氏の赤石沢の美しい写真を見る度に憧れは強まるばかりであった。そして憧れを抱いたまま月日は過ぎていく。リーダーや若宮さんにとっては懐かしの荒川岳や赤石岳も私にとっては初めて踏む山。19年前の夕暮れ時に笊ヶ岳から眺めた赤石のたえなる山波は今でも強く印象に残っている。南アルプス南部は山が深いですよねえ。伐採がかなり進んでいたけれど、苔の生えたシラビソの森が好き。落葉樹と針葉樹が混交する森は5、6月の頃だったら、すばらしい野鳥の囀りが聴けるだろうと思う。富士山の上から朝日が昇り、雲海の上に墨絵のように浮かぶ山々はなんとも言えない美しさであった。至福のひとときに心はやすらぐ。4日間の縦走は7年振り。持病の左腕の血行障害が心配であったが、登高には影響がでずほっとしました。でも下山後にジュースの缶をあけるとき、指先に力が入らず腕の方は限界に近かったのかなあと思いました。このあたりには信濃俣河内、赤石沢、奥西河内などの美しい渓がある。沢好き者の習性で、山を眺めていると、どうしても深い切れ込みを持つ渓へ眼が吸い込まれてしまう。もし機会があったら、イワナの魚影の濃いと言われる奥西河内を遡ってみたいなあと思う。
写真撮影:内田J、Yさん