冬の南アルプス・塩見岳


鹿塩〜三伏峠〜塩見小屋〜塩見岳山頂直下〜三伏峠〜鹿塩

登山日 1967年12月30日〜1968年1月4日
参加者 今林(L)、橋本、山野、上野、篠田、千脇、塚田
コース・タイム
 ○12月30日(晴)
前夜、新宿駅23:18-6:27伊奈大島駅-9:20鹿塩-13:05塩川小舎(泊)
デポ地往復(13:45〜17:10)
 ○12月31日(晴のち雪)
5:15-11:10三伏峠(BC)
デポ地往復(11:30〜16:30)
 ○1月1日(風雪)
BC 7:00-10:30塩見小屋-11:30塩見岳直下-15:00 BC
 ○1月2日(晴)
BC 10:10-11:45烏帽子岳-13:50 BC
 ○1月3日(風雪のち曇)
BC 11:00-14:50塩川小舎-15:57樺沢小屋(泊)
 ○1月4日(晴)
10:15-11:40鹿塩-14:15伊奈大島駅

 塩見岳頂上直下の岩場でTさんが滑落し、断崖絶壁の手前で停まる。風雪の中で一人が歩行困難になり、厳しい下降がつづく。ホワイトアウトになりそうな下山であったが、三伏峠に無事下山した。すぐ横のテントの方の滑落死などとても印象に残る山行だった。滑落した場所もTさんが滑落したあたりであり、ショックを受けた。1月3日に再登頂を試みたが、悪天のため断念した。当時の冬山登山は荷が重く、荷物をデポし、回収に往復するということが行われた。
 
 
 
   詩・山よ友よ!(冬)