南アルプス南部・笊ヶ岳から転付峠



白石〜富士見平〜笊ヶ岳〜生木割〜転付峠〜田代川発電所

登山日 1978年11月2日〜5日
参加者 山野(L)、内藤、若宮、大工、折笠E、折笠N
コース・タイム
 ○11月3日(晴)
東京21:50-0:32富士4:46-5:59身延7:10(バス)-8:20白石8:35-9:30小沢出合9:40-14:00渋沢出合14:05-15:45二俣、伐採小屋
 ○11月4日(晴)
伐採小屋5:35-8:24富士見平8:43-10:40稜線11:30-11:56笊ヶ岳12:23-14:10偃松尾14:38-15:01生木割-18:13転付峠
 ○11月5日(晴)
転付峠6:27-8:35田代川発電所9:23-10:15田代入口

 最近は奥多摩や奥秩父周辺の谷を中心に登っているので、2500mを越す山々へ登ることはほとんどなく、ましてやアルプスと名のつく山へはしばらく遠ざかっている。南アルプスへも1967年末から68年始にかけて塩見岳(山岳部の冬山合宿)へ行って以来だから、実に11年ぶりであり気持も新鮮だ。ただ南アルプス連峰(とは言っても支稜線だが)の中で広河内岳〜白河内岳〜笹山〜転付峠〜笊ヶ岳〜青薙山〜青笹山〜山伏へと連なる山稜には、以前から秘かな憧憬と興味を抱いていた。
 2日の夜東京を発ち、その日は富士駅で仮眠する。身延線に1時間ほど揺られ、身延駅に降り立てば、正面に七面山の荒肌が朝日に染まって屹立している。バスは富士川、その支流である早川に沿って山間を縫って行く。白石という所で降り、しばらく保川右岸沿いの道を歩いて行く。青々とした快晴。秋色は空に向かって映え、バスの中でのまどろみはいっぺんに吹き飛ぶ。
1時間ほど歩くと左岸から車沢(土地の人は小沢と呼んでいる)が注入し、ここからは保川左岸の大分上の方へ道は取り付けられている。えんこう平と呼ばれるあたりではビンズイが何羽も元気に飛び回っている。しばらく富士を背にして歩いているうちに道は序々に保川の清流へと近づいて行き、V字形の谷を俯瞰するようになる。右岸はいずれも急峻なゴルジュの中に白糸のような滝を連ね、秋の恵みの光に照らされて紅葉が青空の中に映えている。美しく染まった秋景色を愉しみながらゆっくりと歩く。やがて左岸にすばらしい滝をかけた沢が遠望できる。渋沢である。遡行価値はありそうだが、上部の伐採が心配である。しばらく行くとランカン尾根から笊ヶ岳へかけての荒削りな山襞が眼前に拡がり、雪がうっすらとついている。15時45分、二俣にある今日のねぐらである伐採小屋に着く。夜は満天の星。快い温もりが身を包む。

 5時35分、小屋を発つ。はじめのうちはシラベの伐採地の歩きにくい道であるが、ここを過ぎれば歩き易くなる。大武刀尾根は落葉樹の中をジグザグに登って行くしっかりとした道である。今日も朝日に輝くブナや楓などの紅葉を愉しみながら快適に登高する。ふだんは急な登りは苦しいのだが、今日は楽々と登れ有り難い。ヒガラやシジュウカラが梢から梢へとせわしく飛び交う。落葉の感触は登山靴を通して快く身体の中を走り、山へ来た歓びがひたひたと心に伝わってくる。昨日、持病の足を痛め、苦しそうに登っていた折笠信四郎君(愛称、熊さん)の足も、今日は大分良くなったらしく顔色も冴えている。富士見平を越え、しばらく行くと樹林帯は伐採後の灌木帯へと変わり、青々とした空間の中に笊ヶ岳から偃松尾へと続く稜線が迫ってくる。背後には毛無山や雨ヶ岳の奥に頂上付近にわずかな雪を載いた富士が高々と聳え、北東の方角には大菩薩から奥秩父にかけての山並みが黒霞となって浮かんでいる。灼くような秋の陽が跳ね回り、身体中汗ばんでくる。
 10時40分、5時間の登高で稜線に飛び出す。転付峠方向から年配の5、6人パーティの元気な人達がやってきて、「この稜線は歩き易い良い道だ」と言う。私達は予定では布引山を経て所ノ沢越へ行く予定であったが、そんなに良い道なら今日中に転付峠へ行けそうだと思い、急遽予定を変更する。昼食をとったのち荷を置いて笊ヶ岳へ向かう。2629m。笊ヶ岳の高みに立てば実に景色が良い。南の大無間、小無間、光、茶臼、眼前には新雪を抱いた聖、赤石、荒川三山の尖峰が、そして北へは塩見、白峰へと一望のもとに展べ連なっている。さすがに赤石沢と奥西河内の切れ込みは深く、分水嶺を形成している赤石東尾根は顕著な浮彫りをつくっている。足許には赤石沢、栗代川や所ノ沢を凌駕する険谷とも言われている倉沢が急峻に落ち込んでいる。
 12時半、頂上を後にする。今回の山旅で何度か声を交わし、青薙山まで行くという単独行のX氏に会う。「所ノ沢越まで今日中に行くのは無理なので、手前でビヴァークする」と言う。何せ彼は2日分の水を持っていると言う。大武刀尾根の分岐からしばらく樅の木の中を縫い、少々道も途切れるが偃松尾を過ぎるあたりから道も良くなってくる。暗くなってから転付峠へ着くのは必至である。でも天気も良いし、景色も良いので足どりは軽い。でも先ほどまで一緒だった年配の5、6人のパーティは先へどんどん行ってしまい、追いつきそうにない。やがて青苔の生えた原生林の中の道となる。奥秩父らしい幽寂とした道がしばらく続き、途中に生木割(黒桂岳)という頂らしくない頂上がある。こんな雰囲気の所が私はとても好きであり、足早に通り過ぎるのはもったいない気がする。うっすらと雪の積もる山道が依然として続き、枯れ木の美しい保利沢岳を見るあたりから道は赤石山脈側の中腹を巻く眺めの良い道となる。
 陽は序々に沈んでいき、聖から荒川岳へかけての山並みが墨絵のように連なっている。雲は落日に赤々と染まり、赤石山脈の妙なる山襞を浮彫りにする。独り旅だったら変幻と沈みゆく太陽を眺めていることだろう。リーダーという肩書きが邪魔して歩みを速めてしまう。やがて陽は聖岳の南にゆっくりと沈み、まどろむような静寂が山々を大きく包み込む。一つまた一つと星が輝き始める。中天には白鳥座が十の字にかかり、東にはペガススからアンドロメダにかけての星が美しく煌めく。眼下、転付峠の東あたりには灯りが見えるが、近づきそうでなかなか近づかない。後で聞けばあの年配のパーティの人達が私達のために灯りをつけていたとのことである。18時13分、今日の長い行程も終わり待望の転付峠に着く。八宝菜を食べ、21時眠りに就く。
 知らず知らずのうちにツェルトから押し出され、朝眼が覚めると下半身は外へ飛び出ている。道理で足が冷たかったわけである。
 
 転付峠の夜は富士の朝焼けで明ける。今回の山行は富士で始まり富士で終わったような感じがする。転付峠からは内河内に沿った道を下って行く。そして田代川発電所からは車道となり、10時40分新倉に着く。定期バスは満員で乗車できなかったのでマイクロバスで早川を下り、身延線の波高島駅へ降り立つ。
 
   詩・落日