ある迷行


十文字峠

 細かい雨が降っている。やみそうもない。梅雨時なので仕方がない。行きがけに民宿"こぶし"の主人から「赤沢谷は3年に1パーティぐらいしか入っておりません、上部のヤブがひどいので、女性には無理でしょう」と言われたこともあって、十二天尾根と赤沢谷遡行の2つのパーティに分けることにした。3時20分、出発。歩きはじめるとすぐに十二天尾根への取付きになった。ここで十文字峠での再会を約束して分かれる。川又で沢は二分し、私達は左の滝川を見送って右の入川の左岸につけられた林道に入る。暗闇の中から「キョキョキョー」とヨタカの声がしてくる。やがてホトトギスが一声、二声聞かれるようになると、あたりは白みはじめてきた。途中野うさぎに出会ったりしながら、ブナの木の多い林道を上流へ向かう。だんだん樹々の茂みが濃くなり、ミソサザイのさえずりとともに、渓谷も清冽となり、水音が高くなると赤沢谷の出合である。
 右岸には林道があるが、私達はそれを避けて沢の中へ入る。初心者を交え、男女9名もが沢を遡るのだから、時間的にも少々不安である。
 沢は変化のないゴウロ歩きが延々と続く。カエデとサワグルミの大木が多く、思いのほか2時間もかかって白泰沢の出合に着く。付近では数人が釣を楽しんでいた。時々、カワガラスが「ピッピーピッピー」と鳴きながら水の上を飛んで行く。右岸には赤沢営林小屋があった。
 それから先もやはりゴウロが続き、少々飽きてくる。水の茂みにつんのめったり、淵の中に落ちたりする者がでてくる。11時近く、だるくなったところで、焚火をしながら昼食をとる。元気をつけて、再び遡行をはじめる。カエデの大木が両岸にあり、原生林になると谷間は暗みを増してくる。やがてゴウロはなくなり小滝の連続になる。苔がついていて、直登すると滑り易い岩になる。苔と樹々の緑が錯綜し、緑のトンネルの中を行くような感じになる。
 滝場を抜けるといくらか明るくなり、沢は北西と西へ大きく分かれる。左右とも同じくらいの水量であり、分岐点にはかつらの大木が立っていた。私達は左、つまり西からくる沢に入る。しかし、これは後で気がついたことであるが、右へ入るのがよかったようである。
右岸からいくつかのナメ滝が注入する。いつのまにか雨足が多くなり、しばらくすると雷とともに雹が降ってきた。
 磁石を見ると、私達はいつのまにか西南に向かっており、大きく南へずれている。水が涸れてからは滑り易い草付を草と苔をつかみながら強引に登って行く。トリアシ、コゴミ、エンレイソウ、コバイケイソウなどが群生しており、所々に咲いているシャクナゲが実に美しい。コメツガも出てきて稜線も近いことがうかがえた。1時間ほどの草付を登って尾根道に出た。午後2時であり、尾根パーティとの十文字峠での合流時間をすでに2時間もおくれている。トランシーバーでの交信は全くとれなかった。
この尾根は白泰山から十文字峠へ向かっていると思い、左へルートを辿って行く。コメツガとシャクナゲの美しい、いかにも奥秩父らしい密林である。しかし道はだんだん悪くなり、雷がさかんに鳴る。
なんとなく、ぼんやりと道を歩いていると、Aさんから「おかしい。人の歩いていない道のようだ。よく確かめなくてはいけない」と言われて、ハッとする。磁石を見ると、私達は十文字峠とは百八十度違う東へ向かって歩いているではないか。そうだ。これは柳小屋へ向かう道なのだ。何故もっと早く気がつかなかったのだ。
 沢の上部を遡行している時から南へ南へとルートが片寄っていたのだから、この尾根に突き当たることも充分に考えられたわけである。案内書も地形図も充分に調べないままにズルズルと来てしまったらしい。雨と疲労が原因だろうか。また相互依存の失敗であろうか。
 気を取り直して、来た道を引き返すことにする。ときどき道のはっきりしない所があり、よく確かめながら旧十文字小屋へ向かって行く。コメツガの深い原生林の中のすばらしい道である。白い霧が漂う中でコマドリやメボソムシクイがさかんにさえずっており、小鳥の楽園の中を歩いているようだ。道がだんだんよくなり、やがて旧十文字小屋に着く。さらにシャクナゲの美しく咲く道を一歩一歩登って行くと四里観音に着く。このあたりは昨秋来た時と同じように深い霧の中にコメツガの原生林がつづいている。苔が一帯の樹肌や地肌を被っており、サルオガセが揺れている。
 いつまでもとどまっていたいが、今日の私達にはそれは許されない。今日歩んできた行動への反省と深い森の幻惑的な色彩が頭の中で交錯する。苔の道が終わると、まもなく十文字峠の小屋に着く。時刻は5時45分。山小屋のお茶が美味しい。ここで主人から、尾根パーティはお昼過ぎから3時半頃まで待っていたと言われて、大きな責任を感じた。主人はいろいろなシャクナゲの写真をひろげながら、例年ならばこの時期はシャクナゲの最も美しい時であるが、今年は例年になく花が少ないと話してくれた。
 山小屋を出ると雨はあがっていた。暮色のカラマツ、コメツガ、シラベなどの続く道を毛木場平へ下って行く。その間、ずっとコマドリの甲高い声がきこえた。ルリビタキも負けじとさえずっており、どうもこのあたりはこれらの小鳥の巣が特に多いような気がする。カラマツと白樺の林立する毛木場平に着く頃には日はすっかり沈んで、やがて高原野菜の栽培されている農道になり、空には北斗七星を頂点にして西には三日月の上に双子座が煌めいていた。8時過ぎ梓山に着く。もうバスも汽車もなかった。