秋のビヴァークは寒かった・入川赤沢谷


奥秩父の沢
栃本関跡〜赤沢谷出合〜赤沢作業小屋〜十二天尾根〜三里観音〜栃本関跡〜西武秩父

登山日 1973年10月9日〜10月10日
参加者 単独
コース・タイム
○10月9日 (晴のち曇)
栃本関跡11:30-13:38赤沢谷出合- 14:45赤沢作業小屋-16:40連続する小滝の手前
○10月10日(晴)
ビヴァーク・サイト6:10-9:43十二天尾根(旧十文字小屋の少し下の地点)-10:55三里観音-11:40鍾乳洞入口-15:50栃本関跡-17:43西武秩父

 今年の6月に赤沢谷を遡った時カエデが沢をおおっており、秋に訪れたならさぞかし美しいだろうと想いめぐらしていた。十文字小屋へ問い合わせたところ、10月初旬〜中旬が紅葉の最も美しい時と言われた。渓は陽射しが弱いので、まだ紅葉には早いのではないかという心配はあったが、とにかく期待をもってでかけた。
 栃本には色とりどりのコスモスが道端や庭先に咲き乱れ、キチョウやヒメアカタテハが軽やかに舞っている。川又で左手の滝川を見送り、入川左岸につけられた林道を快調に歩いて行く。道端にはヤクシソウが群生し、梢では「ツイーツイーチリリリー」とヒガラが鳴き続けている。やがて渓谷も清冽となり、水音が高くなると赤沢谷の出合である。
 6月は沢通しにモミ谷の出合まで行ったが、今日はゴーロ歩きを避けるため、右岸の高い所につけられた林道を歩く。じきに柳小屋への道標が現れる。所々にウリハダカエデやヤマモミジが紅葉しているが、ほとんどのカエデはまだ紅葉していない。ダイモンジソウ、シラネセンキュウ、ヤクシソウが咲く道をしばらく辿ると無人の赤沢作業小屋に着く。ここに泊まる予定であったが、まだ3時前で時間的に早いので、日没まで沢を遡ることにする。時々カワガラスが「ピッピッーピッピッー」と鳴きながら水面上を飛んで行く。水は岩肌を静かに流れ、小さな滝壺ではイタヤカエデの黄葉がぐるぐると渦まいている。1時間ほど遡ると、渓は左へ大きくカーブし、西へと向かうようになる。見上げれば相変わらずハウチワカエデが生い茂っている。しかし、この窮谷は陽射しが弱いためかほとんど紅葉していない。やがて、あたりは薄暗くなってくる。小滝が連続する少し手前の、左岸より沢が注入するミネカエデの茂りの下にビヴァーク・サイトをつくる。
 紅茶をつくり、いなり寿司と今川焼きを食べる。秋の陽は釣瓶落としと言われるが、たちまち暗くなってくる。寝るにはまだ早いので、しばらく焚火をして過ごし、7時半頃寝床に入る。寝床と言ってもツエルトもシュラフもなく、薄っぺらなシュラフカバーだけの粗末なものである。天を見上げれば、月は明るく輝いているが、星は一つも見えない。雲が激しく動いており、天気が心配である。雨でも降ったら焚火でもして凌ごうと思う。虫の音一つ聞こえぬ静かな夜。水音だけがザァーザァーと響きわたる。ウィスキーで身体を暖めながら寝るものの、寒くて眠れない。イノシシに襲われたりしないかなどと余計な心配をしたりする。

 3時に起床する。焚火をしながら朝食のラーメンをすする。天を見上げれば星が燦然と煌めいている。土星、ぎょしゃ座、双子座、オリオン座へと続く星の流れ。
寂しさをまぎらすためにいつまでも星と語らい、好きな歌を唄う。やがてあたりは白みはじめてくる。渓の中を背の高い原生林が幻惑的な色彩をもって林立している。
淡い現実と淡い幻想が繰り返される。明るくなると同時に遡行を開始する。沢は依然として西へと向かい、倒木には沢山のキノコが生えている。岩も倒木も苔でおおわれている。苔と樹々の緑が錯綜し、美しく彩られた世界がひろがる。連続する小滝を約1時間で越すと沢は西と南に大きく分かれる。左右いずれも同じ位の水量であり、分岐点には大きなカツラの木が立っている。6月に来た時は、左の南へと向かうルートをとったのであるが、今日は右の西へと向かうルートを遡って行く。渓は深い原生林におおわれ大樹の高みでコガラが地鳴きを繰り返す。沢は幾度となく分岐し、西から北西へとルートを選んで行く。相変わらずカエデが沢いっぱいに生い茂っている。源流では苔でおおわれた岩肌を水がゆっくりと流れている。手にすくって飲んでみると美味しい。太古の香りとはこんな所をいうのだろうか。
 水が涸れてからは土と岩と苔のミックスした急峻な道となり、腕力で登って行く。付近ではカケスがさかんに鳴いている。そして沢山の紅葉したリョウブがあたりを美しく彩っている。背後からは秋の暖かな太陽が照りつけ、和名倉山が悠然と聳え立つ。やがてコメツガが林立するようになり、10時ちょっと前、十二天尾根の旧十文字小屋の下に出る。
 ここからは栃本に向かって下って行く。ベニドウダン、ゴヨウツツジ、コハウチワカエデ、ヤマモミジ、オオモミジ、ヤマウルシなどの紅葉や岳樺の黄葉が山道を彩る。ヒガラやコガラが鳴き、長閑な山旅となる。三里観音のあたりではヤマトリカブトが青紫の花をつけて咲いている。突然ヤマドリが足元から「バタバタ」と大きな羽音をたてて飛び立って行く。やがて「鍾乳洞の入口」の道標に出会う。沢で水を汲んで来なかったので、喉の渇きが激しい。それに眠気が加わって身体がけだるくなってくる。しばらく道端の枯れ草の上でまどろむ。梢では「ツツジャージャージャー」とカラの仲間が唄う。歩き始めるとまたすぐに疲れてしまう。白泰山避難小屋の水場で昼食の予定であったが、空腹に耐えられず、水がないままドーナツを食べる。むろん喉の通りは悪い。2分も歩くと、白泰山避難小屋の建つ覗き岩に着く。なんだ、もうちょっと我慢すれば美味しい昼食がとれたのに-----。覗き岩からは和名倉山や奥秩父の主脈が良く見渡せる。大きく東西に連なり、秋の暖かな陽射しの中でまどろんでいるかのようだ。少し下ると水場があり、渇ききった喉をうるおす。ああ何と水の美味しいことよ。
 覗き岩から一里観音にかけては熊笹の中の道となる。ウグイスがしきりと笹鳴きを繰り返しながら、熊笹を揺り動かしている。水を得て生き返った私はブナやナラの落ち葉をカサカサと踏みながら快調に下って行く。リスに出会ったり、またもやヤマドリに驚かされたりしてとても楽しい道である。やがて草原となり、美しい音色を響かせてエンマコオロギが鳴く。モズやムクドリが飛び交う林の中を下って行くと栃本に着く。シオガマギク、アキチョウジ、フシグロセンノウ、ヤクシソウなどの野の花が私を出迎えてくれる。誰にも会わない秋の静かな山旅であった。