新緑の中にツツジ咲く秩父・四阿屋山
埼玉県の山・秩父の山
大堤〜ツツジ新道〜秩父・四阿屋(あずまや)山〜フクジュソウ園地〜薬師堂

登山日 2001年4月21日
参加者 山野、尾崎、石村
天候  霧雨のち曇
コース・タイム
大堤10:10-ツツジ新道〜11:37四阿屋山12:08-13:40薬師堂

 昨年の12月に1ヶ月ほど頭痛が続いた。そして正月の風邪がこじれて気管支炎となり、未だに完治していない。4つほど予定していた雪山はすべて中止し、気がついたら桜も散りポカポカ陽気の続く春になっていた。4月末には白神山地へ行くことになっており、このままではとても北の雪山へ行くのは無理である。否、5月から予定されている沢登りさえおぼつかない。そんなわけで、弱った身体をふるいたたせ一昨日は棚横手山から甲州高尾山に登り、今日は秩父の四阿屋山へとやってきた。山に身体を慣らそう。そうして山に登りながら身体を回復させていこう・・・と思った。尾崎くんも石村くんも白神への足慣らしのようだ。
 今日登る三人はいずれも西武線の仲間であり、所沢駅で落ち合う。秩父鉄道の終着駅、三峰口駅に着くと霧雨が降っている。天気予報では夜の6時頃から雨が降るとはいっていたが、早くも雨模様。ここしばらく続いた20度を越える天気も、今日は一転して急降下し肌寒い。駅前からタクシーで登山口へと向かう。運ちゃんが四阿屋山のパンフレットを差し出す。そうすると面白そうなルートが載っている。ちょっと急で、鎖場がいくつかあって、初心者は登らないようにと書かれている。薬師堂から登る予定であったが、急遽予定を変更し大堤で下車する。タクシーの乗車時間は約10分。変更の決断は早く、あっという間であった。このルートにはツツジ新道という名前がつけられている。登り始めから急登であり、杉林の中を縫っていく。マムシ草、チゴユリ、ムラサキケマンや色とりどりのスミレが咲き、春らしい雰囲気が漂う。ヒガラやコガラの透る囀りを聴きながら鎖場を攀じ登っていく。ミツバツツジやヤマツツジを楽しみながら高度を上げていくと、四阿屋山772mの頂につく。天気が悪く眺望はきかないが、ミツバツツジに交じってムラサキヤシオツツジが咲いていた。クロツグミの陽気な歌を聴きながらの昼食は楽しい。2分ほど下ると道は分岐し、薬師堂へのコースに入る。簡単な鎖場を下ると、霧の中に杉が高々と林立する両神神社奥社につく。ここからは鳥居山コースを下る予定だったが、何気なく通り過ぎてしまい、気がついた時はフクジュソウ園地についていた。戻るのも面倒くさいとばかり、そのまま春の草花を愛でながら、のんびりと下っていく。山は新緑に萌え、キビタキの透る囀りに交じって、アオバトがオーアオー、オ、アオーと啼いている。白や黄のウツギを楽しみ、ショウブ園を経て薬師堂へと下った。どうやら今回の山行は往復とも予定していないルートを辿ってしまったが、けっこう楽しい半日を過ごせた山旅であった。

      
  ツクバネウツギ                    ミツバツツジ
        
ムラサキヤシオツツジ                  四阿屋山頂