川浦谷・烏帽子谷



秩父の沢
武州日野駅〜烏帽子谷遡行〜矢岳〜武州日野駅

登山日 1978年10月1日
参加者 大内、山野
天 候 晴
コース・タイム 
秩父鉄道・武州日野駅7:04-8:20造林小屋-8:40烏帽子谷出合-F1の手前で引き返す-烏帽子谷出合11:00-12:50最後のチョック・ストン滝-12:55林道13:30-14:15矢岳山稜-14:35矢岳-17:52武州日野駅

 酉谷山の小川谷側に比べ、この秩父側は忘れられた存在の山である。うら寂しい谷、うら寂しい山稜の中にこそ救われたような憩いのひとときがあった。山行の前日は寄居の大内さんの家に泊まった。バッハやヴィヴァルディのソナタをリコーダーやヴィオラ・ダ・ガンバで演奏してもらい楽しいひとときを過ごした。
 沢の序盤は荒れており、沢を間違えたと思い、川浦谷本流を少し遡ったりして、ウロウロする。結局間違っていないことが分かり、また登り直すというハプニングがあった。2時間ほどの短い流程の中に10m以上の滝が4つもあり、けっこう楽しい遡行が味わえた。6m滝(F7)は悪く、緊張した。