冬の天祖山から雁峠縦走


奥多摩の山・奥秩父の山
日原〜天祖山登山道入口〜天祖山〜ハシゴ坂の頭〜芋ノ木ドッケ〜雲取山荘〜北天のタル〜将監小屋〜笠取山〜雁峠〜広瀬

登山日 1973年12月29日〜1974年1月1日
参加者 山野(CL)、折笠、加藤、山本、川口、沢田、石川
コース
 ○12月29日 
新宿-氷川
 ○12月30日 
氷川-日原-天祖山登山道入口-天祖山-ハシゴ坂の頭-芋ノ木ドッケ-雲取山荘
 ○12月31日 
雲取山荘-雲取山-北天のタル-将監小屋
 ○1月1日 
将監小屋-笠取山-雁峠-広瀬

12月29日(晴)
 14時30分に東京を発ち、中央線、青梅線に揺られて17時、氷川の三河屋旅館に着く。夜はお酒が入って良い気分となり、遅くまで話がはずむ。

12月30日(晴)
 氷川より30分ほどバスに揺られて7時20分、日原に着く。ところが大ナベを氷川の駅へ忘れてきてしまい、次のバスで運んでもらう。そんなわけで出発から40分もの時間を空費してしまい、8時に日原を発つ。
 日原川に沿って広い車道を少し歩くと小川橋に着き、そこで右の鍾乳洞への道を見送り、左の左岸につけられた車道を歩いて行く。石灰岩の切り崩しと伐採でまことに無惨な道だ。1時間ほど歩くと左岸より孫惣谷が注入する。この谷のすぐ先、右手に天祖山への登山道がある。
 最初からとても急な道である。息を切らせながら高度を上げていく。ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラなどが樹々の梢から梢へとせわしく飛び移り、人気のないこの森は小鳥だけが賑やかにふるまっている。だが、この静かな楽園を破壊しようとする者がいる。過疎対策という名文句を使って孫惣谷側の石灰石を狙っている者がいる。奥多摩工業がこの静かな山を武甲山のように壊そうとしているのだ。
 ハタゴヤという所は水場になっているとのことで、下で水を汲んでこなかったわけであるが、いざハタゴヤに着いてみると水場は氷結している。仕方なくノコギリと強力ナイフで氷をカッティングし、ここより氷をかついでの登高となる。急登で石川さんは調子を崩し、足並みが乱れてくる。加藤、山本両君には先へ行ってもらう。籠堂に近づく頃より、ようやく道は平坦となり、のどかな山歩きとなる。13時に籠堂に着く。寒いので焚き火をしながら、コーヒーとカステラ、フランスパンの昼食をとる。籠堂は、寝具こそないが十分に寝泊まりのできるところである。
 さあ、これからまだ遙かなる旅路が待ち受けている。のんびりしていられない。さあ、早く出発しよう!
 5分ほどで天祖山山頂に着く。これといった眺望はない。ここより急な道をどんどん下って行く。せっかく息を切らして登った胸突八丁をこんなに急降下しなくてもいいのに...。熊笹が少々深いが、はっきりとした道を1時間ばかり歩んで行くと、長沢背稜のハシゴ坂の頭に着く。
 ここからは左の西へとルートをとる。長沢山への登り道は熊笹が深く、道もところどころわかりにくい所がある。陽があたらぬせいか、このあたりより10cmぐらいの雪が積もっている。1時間ほどとにかく夢中で熊笹を漕いで行く。長沢山の下りも熊笹が深く、少々道がわかりにくい。右へ迷い込まないように注意しよう!
 桂谷の頭への道はシャクナゲの多い静かな道だ。秩父の街の灯りが明るく光り、夕陽の中で両神山や浅間山が美しいシルエットを描いている。一般縦走路でありながら人垢に汚れておらず、素朴な道であることが私をひきつけてしまう。「ヒドイ道だったなあ、これ以上つまらない道はないのだろう」とK君。「いや、静かでとてもいいルートだよ」と私は応える。桂谷の頭に着く頃より、あたりは暗くなってくる。うっすらと積もった雪の上にコメツガの原生林が静かに林立し、物淋しい雰囲気があたりをひんやりと包んでいる。倒木を幾つも越しながら進んで行く。18時、待望の芋ノ木ドッケに着く。ここより道は森の中を急降下する。みんなの足どりは乱れ、パーティは二つのグループに分かれてしまう。A君の懐中電灯がつかないため歩みはのろくなって来る。
 夜空には冬の星座が燦然と輝き、奥秩父の森を美しく照らし出す。急坂を下ったところで私の腕が激しく痙攣し、10分ほど休ませてもらう。冬の冷たい森はどこまでも澄んでおり、山は大きく崇高だ。19時45分、ようやくにして雲取山荘に着く。暖かい豚汁を食べ、眠りに就く。

12月31日(晴)
 4時に起床。空を見上げれば満天の星。昨日の豚汁の残りを暖め、朝食は山小屋で作ってもらう。川口さんが山小屋の階段から落ちて腰を強く打ってしまったので、出発を少し遅らせ様子をみる。何とか歩けそうになったので、とにかく三条ダルミまでは行こうということで8時30分、山荘を発つ。サルオガセで着飾られたコメツガの原生林を抜けると雲取山の頂上だ。白雪を抱いた南ア、北ア、浅間の山々が美しい。富士はきわめて雪が少なく、雪をかぶっているのは8合5勺以上のようだ。山頂から少し下ると三条ダルミである。川口さんの調子も良さそうなので、そのままみんなで縦走を続ける。
 三条ダルミからは南面の山腹を捲くように道がつけられている。富士を左手に見ながら、冬の暖かい陽ざしを受けて枯れ笹の道を歩いたり、コメツガ、岳樺、落葉松の林の中を縫ったりしながら西へ西へとのんびりと歩いて行く。北天のタルの少し手前の笹の枯れた陽だまりの中で、昼食の幸せなひとときを過ごす。サラダとウドンとラーメンをたらふく食べ、至極ごきげんだ。ここからは平坦な道を2時間ほど歩くと将監小屋に着く。夕陽の中で岳樺が赤橙色に輝き、富士は頬を薄桃色に染めて聳え立っている。夕食は野菜のゴッタ煮。夜空には今夜もこぼれんばかりの星が輝き、流れ星が再三にわたって南天を駆けていく。
 
 
       オリオン座(開放25分)
1月1日(晴)
 寒い寒い夜だ。寝ているのも楽でないので2時半に起きてストーブにあたって暖まる。みんな寒くて眠れないと言って起き上がってくる。今日はお正月。おしることお雑煮を食べ、5時頃、懐中電灯を手に小屋を後にする。小屋のあたりは少々雪が深いようだ。1時間ほど歩くと東の空より太陽が燦然とした輝きで昇ってくる。今日もまた、朝日に染まる富士がとても美しい。
 雁峠への道は昨日同様、南面の山腹を捲いている。富士をはじめとする南面の眺望は良いが360度の眺望は得られない。単調でいて、のどかな道がどこまでもうねっている。再三現れる沢の水は氷結し美しい。コガラの囀りが多くなるとやがて笠取小屋である。当初の予定では雁坂峠越えをする予定であったが、「のんびりしよう!」ということで雁坂峠越えはとりやめ、小屋の前の陽のあたる広場でのんびりと昼食をとる。モミの木が美しく、落葉松の梢ではコガラがしきりに鳴いている。
 昼食後、少し歩くと雁峠に着く。広々としたとても気分の良い所だ。下山するには時間がまだ少々早いので、古礼山の手前の燕山の急登を空身で登る。乾徳山、黒金山は真近に迫り、遠くには南アルプスの白き峰々が美しく浮かんでいる。北東に眼を転ずれば、東仙波から和名倉山にかけての山並みはすっかり伐採されて、見るも無惨な姿をさらしている。原生林の美しい和名倉山は過去のものとなってしまった。燕山を駆け下り、11時雁峠を後にする。落葉樹の病葉を踏みしめながら広川谷を下って行く。真っ白い雪で飾られた谷川の水は、暖かい陽差しでキラキラと輝き、まるで雪解けの春の谷川を歩くような感じである。やがて林道となり、棒のようになった足をひきずって、14時広瀬に着く。

(注:コースタイムの記録がないため、各地点における出発および到着の時刻は記憶に頼った。従って、正確な時間とは多少くい違っているかも知れない。)