急流をへつる・大洞川本流・井戸沢


奥秩父の沢
三峰口〜荒沢谷出合〜惣小屋沢出合〜川胡桃沢出合〜キンチヂミ〜栂ノ沢出合〜奥新左衛門窪〜牛王院平〜前飛竜山〜丹波

登山日 1979年8月2日〜4日
参加者 大内(CL)、梅香、山野
コース・タイム
 ○8月2日(曇)
池袋18:15-20:11西武秩父、お花畑20:18-20:40三峰口20:50(タクシー)-21:26-21:42聖沢-22:00荒沢谷出合-23:00惣小屋沢出合の少し手前
 ○8月3日(曇のち時々小雨)
キャンプ・サイト5:40-5:50惣小屋沢出合-三ツ滝の上6:05-6:20川胡桃沢出合6:30-9:10キンチヂミ入口9:15-10:45キンチヂミ出口-11:00栂ノ沢出合-11:20井戸沢・椹谷出合-14:35奥新左衛門窪-15:50大滝上-16:10キャンプ・サイト
 ○8月4日(曇のち小雨)
キャンプ・サイト6:00-8:00牛王院平-11:30前飛竜山-12:50サオラ峠-13:45丹波

 山は幾重にも深く切れ込み、これから遡ろうとする谷の深さがうかがい知れた。奥秩父の谷を愛する私にとって、大洞川の遡行は長い間心を暖めていた憧れの山旅であった。最近の沢登りはフェルト底の地下足袋でやってしまうのだが、今日はちょっと手強いキンチヂミの通過があるのでワラジで足ごしらえをする。
真夏の沢歩きは涼しくて気持が良い。しばらく歩くと深い淵があらわれる。運良く、釣り師によってかけられたと思われる浮き橋があって難なく越えられる。案内書には浮き橋のない時は「左をへつる。少々悪い。」と記載されている。ホールドが細かく私の技術ではとてもへつれる自身などない。しばらくするとごうごうとうねりを上げる深い淵に出くわす。ヌルヌルとした岩、吸い込まれそうな激しい流れ、私達はいよいよ大洞川の核心部に誘い込まれたのだ。美しいゴルジュがしばらく続く。やがて両岸は狭まり、水底は深く進退がきわまってくる。右岸をへつって行くのだと思うがきわめて難しく、落ちておぼれるのは間違いなさそうだ。そのうち左岸の崖の上から細い綱がぶら下がっているのを見つけ、身軽な大内さんは綱を頼りにスルスルと登って行く。岩はオーバーハングし、綱が切れたら万事休すだ。ここを何とか越えるといよいよ"キンチヂミ"の難所に出くわす。ヌルヌルとしたゴルジュの中を水は激しく流れる。ハーケンを打ち、ザイルを張って左岸をへつって行く。私はセカンドなので何の恐怖感もない。トップで行ったらちょっと恐いところだと思う。キンチヂミを通過すればさすがにホッとする。あとは気楽に流れを遡って行けば良い。井戸沢に入れば小滝がいくつも続き、快適によじ登って行く。1つ難しい滝があるが必死に乗り越える。20mの大滝に着く頃には小雨も降り出し、肌寒くなってくる。そして息切れも激しくなってくる。大滝のすぐ上の砂地にツエルトを設営し、焚火をして身体を暖める。

 昨年行った小金沢谷も、今日遡った大洞川の井戸沢も下流のゴルジュ帯はとても美しい。けれども上流はボサで覆われていて殺風景である。奥秩父の谷の夜は原生林の中で迎えてこそ潤いと哀愁に満ちているのだが、伐採で痛めつけられた上流は何とも味気ない。明くる日は傷だらけになってアザミのボサを漕ぎ、午後8時、うららかな午王院平に出る。

    上の写真; キンチヂミのゴルジュのトラヴァース
  

                            トップページ