サルオガセが揺れる秋の十文字峠


信濃川上〜梓山〜毛木場〜十文字峠〜大山付近〜中津川

登山日 1972年11月3日
参加者 単独
天候  雨のち曇
コース・タイム
前夜、新宿23:50-6:40信濃川上6:50-7:30梓山7:40-8:40毛木場平-10:30十文字峠(昼食)11:00-12:00大山付近(ここより中津川林道に出る)-(途中35分車に便乗)14:05中津川15:00(バス)-17:10西武秩父17:31-池袋19:10

 重荷の内藤さんたちの女性パーティに別れを告げ、軽装で梓山を出発する。梓山は4年ほど前にここを訪れたときには伐採と開墾の真っ最中であったが、今はもう高原野菜が栽培されている。しばらく畑道を縫って行くと、落葉松と白樺の林立する毛木場平に着く。落葉松の落葉の上を薄雪を踏むようにして歩いて行く。この頃より、たまりかねたように灰色の空から雨が降ってくる。千曲川西沢を渉り、十文字峠への急登を時々まどろみながら登って行く。コメツガやトウヒなどの原生林が茂み、登高の疲れを癒やしてくれる。やがてカケスの飛び交う十文字峠に着く。小屋で昼食をとったのち、栃本へ向かって下り始める。大山への道は原生林が静かに聳え立っている。地肌や樹肌はみどりの苔でおおわれ、ところどころにサルオガセが狭霧の中にやさしく揺れている。中津川渓谷からは白い雲が湧き出、原生林は微風に吹かれてまどろんでいる。追放の地で、アレクサンドル・プーシキンが彷徨い歩いた森とはこういう所なのだろうかと思ったりする。森の中は静謐で小鳥の歌声だけが耳に響いてくる。コガラやヤマガラが群れをなして梢から梢へと飛び交っている。ナベ頭のコガラが3匹ほど私の眼の前をチョロチョロ歩いて行く。嬉しさのあまり思わず声がはずんでしまう。この楽園にしばらく立ち止まっていたい気持ちだ。だけど今日のうちに下山しなければならないので、そうのんびりはしていられない。小雨の中を栃本へ向かう尾根筋を下って行く。大山付近で、栃本からの最終バスに間に合わないのではないかという心配と、中津川の紅葉の美しさにひかれて急遽予定を変更し、崖を下って中津川林道へと出る。林道をしばらく下って行くと、素晴らしい紅葉が展開する。モミジやカエデ、ブナ、ミズナラ、ウルシ、マユミなどの紅葉が延々と続いている。途中より、マイカーの往来が激しくなり、私も便乗させてもらう。中津川着2時。中津川から落合にかけての中津川渓谷は、今年最後の紅葉を求めて多くの年輩のハイカーが来ていた。