25年振りの再訪・笛吹川東沢・釜ノ沢東俣
奥秩父の沢
西沢渓谷不動小屋〜笛吹川東沢・釜ノ沢遡行〜戸渡尾根〜徳ちゃん新道〜西沢渓谷不動小屋

登山日 2000年6月3日〜4日
参加者 山野(CL)、高橋、伊東、牧、細井、荒川、島村、富宇賀
コース・タイム
○6月3日(曇時々雨)
西沢渓谷不動小屋9:30-11:20法螺ノ貝-11:50山の神12:20-14:45釜ノ沢出合(キャンプ)
○6月4日(晴)
5:30-7:25両門ノ滝-8:15広河原-9:45ミズシ沢出合-10:00マヨイ沢出合-11:30水場11:42-11:50甲武信小屋  12:26-12:45木賊山-12:52戸渡尾根分岐-14:15徳ちゃん新道分岐14:20-15:55西沢渓谷不動小屋

 私にとって笛吹川東沢・釜ノ沢は特別な響きを持っている。今は比較的多くの方が入渓するが、私達が最初に遡った1967年(今から33年前)は入渓する人は少なかった。東沢の下部ゴルジュ帯を30Kgものキスリングを背負って遡ったことが懐かしい。沢登りというと、いつもは少人数のパーティであるが、今回は8人も参加し、とても賑やかだ。
 トチ、ヤマツツジ、ヒメウツギの花々が新緑に調和して、気持ちの良い山旅の始まりである。東沢を俯瞰しながら、左岸の林道を進んでいく。「あんな凄い滝も登ったんだね」と若き日を回想する。やがて足もとには法螺ノ貝のゴルジュが展開する。やはり凄いところだ。途中橋が壊れていて、橋下の崖をロープを出して通過する。山の神を通過したところで、渓流シューズに履き替える。この頃より雨が降り始める。乙女の滝、東のナメ、西のナメと美しい枝沢が続く。すばらしいテント・サイトがあったが、まだ時間的に早いので、もう少し先まで足をのばすことにする。やがて大きな釜に出会う。左岸のスラブがルートになっている。私は泳げないので、アンザイレンしてリードしていく。出だしは滑りやすいが、水中に安定したスタンスがあり助かる。時々足を滑らす人がいたが、なんとか無事に通過する。金山沢の出合は格好のキャンプ・サイトになっており、ここにテントとツエルトを設営する。雨も上がり、女性は食事の支度、男性は薪集めにと動き回る。黄昏の中、コガラの澄んだ響きが水面に流れていく。ヨタカのリズムが終わると夕餉が始まる。夜は豪勢な焚火を囲み、山の歌をいっぱい唄う。
私は笛吹川には10回くらい入渓しており、むかし一緒に遡ったいろいろな仲間の顔や若き日の甘い香りも漂ってきたりした。焚火をしている時に今はもう会社をやめてしまった懐かしい顔が彼の好きな歌とともに浮かんできた。
♪♪♪川面霧たち野辺に流れて連なる山はおおジグリーの峰よ。連なる山はおおジグリーの峰よ・・・小舟静かに水面を揺れてうるわし山はおおジグリーの峰よ。うるわし山はおおジグリーの峰よ♪♪♪・・・焚き火を囲んでよく唄った歌です。
最近私の好きな中田喜直さんが亡くなられました。江間章子さんの詞なる「夏の思い出」は私の好きな歌の一つです。
9時頃に寝る。夜中激しい雨がツエルトをたたきつける。

 コガラの爽やかな囀りで一日が始まる。昨日広河原まで行けなかったので、早立ちとなる。魚止めの滝から千畳のナメまではロープを張る。千畳のナメはしっかりとしたホールドがあり、自由自在に楽しく登れる。何度きてもすばらしい所だ。ナメの上部ではもたつき結構時間がかかってしまう。7m曲り滝を左岸から高捲き、両門ノ滝に出る。昔は西俣を遡る人はほとんどいなかったが、最近は多くの人達が入渓しているようである。美しいナメ滝が連瀑しており、いつか入ってみたい沢である。私達は東俣に入る。左岸を小さく捲き、上部は水際をへつっていく。ツルツルの滑り台のような滝と深い釜なので、滑ると危険だ。先に登った5名は高く捲き過ぎたため、降りるのに難渋している。15mヤゲンの滝、6m滝を越えると広河原となる。樺の新緑が青空に映え、眩い。真夏のかんかん照りのゴウロ歩きが続く。コマドリ、ミソサザイ、キビタキ、コガラなどの囀りが幾重にも重なり、のどかな感じだ。昔の渓の面影と現実が交互に展開し、そうかと思うと子供の頃に遊んだ多摩川の川原が浮かんできたりする。キラキラとした夏の陽射しが遠い昔へと誘っていくのだろうか。源頭に近づくとナメ滝が連続するようになる。フリクションがよくきき、中央を気持ち良く登っていく。要所では安全のため、ロープを使う。クモイコザクラが岩場のあちこちに咲いている。最後のナメ滝の上段はゴルジュとなり、傾斜もあって滑ったら止まらない感じだ。左岸の歩き易い道を捲いていく。やがて栂の原生林となり、雪渓もでてくる。「25年前の二月に来た時、このあたりは胸を没する雪だった」と言ったら、回りの人は驚いていた。今回同行のMさんを含め三人でやってきて、寒さに震えながらビヴァークしたことを思い出す。11時50分、甲武信小屋につく。
 バイカオウレンの白い花が咲く鬱蒼とした道をしばらく行くと展望がひらけてくる。国師岳、八ヶ岳、甲斐駒ヶ岳などを見ながら、木賊山へと向かう。戸渡尾根上部の原生林は幽寂としていて、いつ来ても心が鎮まる。今日もまたメボソムシクイやルリビタキの囀りに心はまどろむ。途中から徳ちゃん新道に入る。アズマシャクナゲ、ミツバツツジ、ヤマツツジがいっぱい咲いていて、新緑の林に彩りを添えていた。

                  写真撮影:富宇賀さん
   
  釜ノ沢出合近くの大きな釜             両門ノ滝
  トップページ
           千畳のナメ