滝壺に落ちる・笛吹川東沢


奥秩父の沢
広瀬〜ナレイ沢出合〜鶏冠谷出合〜東沢小屋〜石塔尾根〜不動小屋〜西沢〜石小屋沢〜不動小屋〜東沢小屋〜釜之沢出合〜両門の滝〜広河原〜大ナメ滝〜甲武信岳〜釜之沢出合〜東沢小屋〜広瀬

登山日 1967年8月3日〜8月6日
参加者 今林(CL)、山野、政二、山渕、篠田、塚田

8月2日(晴)
 私達は6月には卷機山米子沢で、7月には丹波川小常木谷で沢登りの訓練を行い、今回は成果を実践的に試す山行として計画された。私は食糧係を担当したが、汽車の発車寸前まで買い出しに追われる忙しさであった。

8月3日(晴のち雨)
 汽車は早朝2時40分、塩山駅のホームに滑り込む。始発バスが来るまでの間、駅前の屋台でラーメンを食べたり、ベンチでうたた寝しながら過ごす。あたりが白み始めるとみんなも起き出す。バスは途中広瀬よりマイクロバスに変わり、物凄いガタガタ道を左手に笛吹川を見おろしながら進んで行く。1時間半ほどで硅石採取場に着く。
 小憩後、男性は8貫、女性は5貫の荷を背負って憧れの笛吹川の旅へと出発する。しばらく歩くと左岸よりヌク沢が注入し、ここでTさん差し入れのサンドウイッチで朝食をとる。みんな食欲旺盛でまたたく間に消えてしまう。笛吹川左岸の林道を前方に鶏冠山の奇怪な岩峰を仰ぎながら歩いて行くと、西沢出合の河原に着く。ウィークデーのため静かである。少し歩くと沢は大きく2つに分かれる。地図で確かめることもせずに、左が西沢で右が東沢と決め込んでしまい、右側の沢へと入る。ナメ滝を少し遡って行くと、水量豊かな10m位の滝が現れる。滑べ滑べとした滝で、重荷のため直登は無理である。左のザレたところを高捲いて行く。しばらく遡って行くが、どうも雰囲気がおかしい。地図で調べてみると、この渓流は鶏冠谷である。ああ先が思いやられる旅だ。
東沢小屋へ行くには、一般には左岸の高い所につけられた林道を登って行くのであるが、私達は敢えて人のほとんど踏み込まない東沢下部の遡行を試みる。重荷なので、ある程度の困難が予想されたが、笛吹川の神秘さにひかれて本流を遡って行く。
 瀞の中をしばらく行くと、大きな釜を持つ最初の滝が現れる。今林君が空身でアブミを使って右岸の壁を慎重に攀じ登って行く。つぎに大きなキスリング6つを順次吊り上げて行く。ザックが重いため思いのほか時間がかかってしまう。この壁は苔むして滑り易い。6人が滝上に出てほっとする。
 ここからは広いゴーロの中を歩いたり、深淵をへつったり、狭い廊下状の瀞の中を腰まで水に浸かりながら遡って行く。両岸は岨立ち、瑠璃色の流水が私達を魅了して行く。深い淵の中とは言え、真夏の重荷での遡行は汗が滲みでてくる。やがて、大きな釜があらわれ、行く手を阻む。私がトップで取り付いたものの、途中より苔でぬるぬるしており、滑り易い。うしろでTさんが「戻れ!戻れ!」とさかんに言っているが、戻れる状況ではない。「落ちるなら落ちて見ろ」とばかり強引に前へ進む。しかし、肩の荷は我が身を支えきれず、とうとう滝壷の中へ落ちてしまう。ところが思っていたよりも深く、頭まですっぽりと水に浸かってしまう。30Kgの荷で泳げないときてはどう仕様もない。アップ、アップしているところをI君に救助してもらい、無事悪魔の滝壷から脱出する。
 気を取り直して右岸の急峻なざれた道を攀じ登り、この難所を通過する。ここは陽あたりの良い広い河原であり、お腹もすいてきたので昼食とする。沢はあくまでも静かであり、真夏の太陽が燦々と輝き、ずぶ濡れの衣服もたちまち乾いてしまう。これから先の道はどんな姿なのだろうか。未知への期待で胸がはずんでくる。昼食後、しばらく遡って行くと「ホラノ貝」と呼ばれるところに出る。峭壁の中の瑠璃色した深い淵に行く手を阻まれる。ここはとても通過できそうにない。50 m位上にある林道に出ることに決める。チムニー状の所を登るが、大きな荷が邪魔して登りずらい。下を見れば岩の裂け目が深く切れ込んでおり緊張する。アンザイレンして無事6人が林道の上に立つ。
少し歩くと吊り橋がかかっており、ここを渡ると広い河原に出る。この頃より小雨がぱらついてくる。東沢小屋まであと1時間の標識に元気づけられるが、肩に食い込むキスリングは重く、思うように足は前へ進まない。全員へとへとになった頃、東沢小屋に着く。金山沢の出合まで行く予定であったが、みんな疲れているし、適当な平坦地があったので、ここにベース・キャンプを設営する。思えば珪石から歩き始めて9時間もの悪戦苦闘であった。今ならサブザックで林道をスイスイと2時間足らず。ここを渡渉する人などいない。まもなくにわか雨も上がり、夕食の準備にとりかかる。ここはすばらしいキャンプ地である。焚き木はたっぷりあるし、すぐ横には笛吹川の清らかな水が滔々と流れ、右岸の峭壁からは乙女の滝や西のナメの水が無気味に流れ落ちている。皓々たる星空のもとで特製の豚汁を食べる。ああなんと美味しいんだろう。静かな渓流の横で友と語らい、歌をうたう。煌めく星座に静かな夢を抱いて眠りにつく。

8月4日(晴)
 みんな昨日の疲れが残っているようである。そこで釜之沢の予定を変更し、楽な西沢上部を遡行することにする。沢を少し下降し、国師岳から派生する石塔尾根を越え西沢へ降りることにする。西沢への横断ルートは人がほとんど入っていないためか、入り口がなかなか見つからない。適当な枝沢に取り付き、倒木の荒々しい道をかき分け、さんざん苦労した末、横断ルートを見つける。道は急峻で悪い。大雨でも降ったら、土砂崩れで通行不可能になってしまうような道だ。喘ぎ喘ぎ登って行くと石塔尾根に出、そこからは西沢の不動小屋へと駆け下って行く。小屋付近は人でいっぱいであり、急に別世界に来たような感じになる。ここからは西沢の左岸につけられた高捲き道を歩いて行く。眼下に見える西沢の渓流は滝と瀞が美しい調和をつくっている。
 高捲きを終えてからの本流は単調なゴーロ歩きが延々と続く。昼食をとり、ゆったりと日光浴をした後、右岸に注ぐ小さな枝沢を登り林道にでる。しばらく歌をうたいながらのんびりと下って行く。やがて石小屋沢に出会い、慎重に下降する。こじんまりとした結構おもしろい沢である。出会いのすぐ上にかかる滝は高捲きし、懸垂下降する。あとは不動小屋を通って、往路を息を弾ませながら、東沢のベース・キャンプへと向かう。

8月5日(晴)
 目覚めると満天の星である。暗闇のなかで朝食の準備をする。渓の水は冷たく清らかだ。あたりが白みはじめてくると右岸の峭壁も大きく見えてくる。
 今日は疲れもすっかりとれて、澄みわたる朝陽の中を元気に出発する。広々としたゴーロの中をしばらく行くと、瑠璃色の美しい瀞となる。釜之沢と金山沢に分かれ、我々は釜之沢へと向かう。最初の滝はお釜の滝と呼ばれるナメ滝であり、丸太を使って右岸より乗越す。ここで一部の人はワラジに履き替える。2つばかり小滝を登り越えると「千丈のナメ」が現れる。数百メートルもある一枚岩の上を清冽な水が滑るように流れて行く。ああなんと美しいのだろうか。両岸は深い原生林におおわれている。滝、ナメ、釜は美しい花崗岩であり、小気味良い遡行が続く。ワラジが岩にピッタリと効き、清冽な水の流れに合わせて足どりは軽やかだ。そんなわけでワラジ履きではしゃいだ篠田さんは苔むした滑べ滑べの岩肌を駆け足で登り、滝壺の中へ落ちてしまう。身体ごとすっぽりと水に浸かってしまい、みんな驚いて手を差し出す。彼女も平泳ぎをして滝壺から脱出し、ホッとする。一見小さな滝壺に見えたが、実際は深かったようである。これから先、注意するように言い合って、再び遡行すろ。あたりが明るくなり、水音が激しくなると「両門の滝」である。右手が釜の沢のF4であり、左手は西股のF1である。いずれも激しい水しぶきをあげて淵の中へ薙ぎ落ちている。
 しばらく美しい小滝が続き、やがて倒木の多いゴーロとなる。途中イノシシの声に驚かされたりしながら、1時間ほど遡って行くと、沢は2つに分岐する。右手の本流に入ると、大ナメ滝に出会う。右手より取り付き、中段より左へトラバースして上部に出る。滝上からは良く踏まれた道があり、40分ほどで甲武信岳小屋につく。小屋の下には沢山のテントが張られ、元気な歌声があたりを流れている。まだ所々に残るシャクナゲの咲く道を登って行くと、2460メートル甲武信岳の高みにつく。東沢を基部から完全遡行した歓びにしばしひたる。少し雲がでてきて、視界はやや悪いが、国師岳、黒金山、古礼山などが指呼できる。往路を下降し、上部二股で流しソーメンを食べる。渓の水で冷やされ、格別に美味しい。美しい花崗岩の岩床、そして両門の滝や千丈のナメの美しい光景の一つ一つに別れを告げて、のんびりと下って行く。あたりが薄暗くなる頃、ベース・キャンプに着く。今日も良く歩き疲れたよなあといった感じ。
 夜空には零れんばかりの星が燦然と煌めき、天の川が中天を飾る。流れ星が再三にわたって天を過ぎって行く。焚き火をしながら、夜の更けるのも忘れて語り合う。笛吹川の3日間のできごとが走馬燈のように駆けめぐり、楽しい夢は大きくふくらんでいく。

8月6日(晴)
 今日もまた晴れである。みんな大分陽が高くなった頃起床する。特製のスパゲティを食べた後、テントを撤収する。下りは左岸の林道を歩いていく。往きに苦労して登った渓は足元はるか下を流れ、青々とした水をたたえている。西沢の出合付近の河原は楽しそうなキャンパーで賑わっている。