胸まで没するラッセル・厳冬の笛吹川東沢・釜ノ沢


奥秩父の沢
ナレイ沢出合〜東沢小屋〜釜之沢出合〜両門の滝〜広河原〜大ナメ滝〜釜之沢出合〜西沢渓谷入口

登山日 1975年2月1日〜2月3日
参加者 山野(CL)、牧、木村
コース・タイム
 ○2月1日 
新宿、前夜23:55-2:22塩山2:40-3:30ナレイ沢出合(仮眠)8:15-9:05清兵衛沢出合-9:35山の神-10:10東沢小屋-13:35釜之沢出合-15:50両門の滝
 ○2月2日 
両門の滝7:00-7:40 F6-10:00広河原-16:45大ナメ滝(17:30ツエルト設営開始)
 ○2月3日 
大ナメ滝7:30-10:00枝尾根の引き返し地点-11:00大ナメ滝の上-13:00広河原-15:05釜之沢出合-16:00東沢小屋-18:00西沢渓谷入口

2月1日(晴)
 奥秩父の美しさはその原生林の深さにある。その原生林の中を突き上げている笛吹川東沢は私の青春の憶い出をいっぱいつめこんだ親しみある渓流である。私が最初に笛吹川東沢に踏み入った動機は田部重治氏の「笛吹川遡行記」にみられるあの神秘的な紀行に感動したからである。現在の東沢は隣の西沢とならんで伐採が沢の奥にまで進み、その神秘性は大分失われているが、ところどころに昔日の面影が残っているようである。もうここへは度々来ているので道に迷う心配など全くしておらず、病みあがりのため体力の点だけが心配であった。
 塩山より暗闇の中を車に揺られ朝の3時半に西沢渓谷入口のナレイ沢出合に着く。私達3人はここにある飯場らしきところに泥棒のように入りこみ、ここで仮眠をとることにする。他のパーティの人達もゴソゴソと入り込み十数名がここに泊ることになる。
 冷んやりとした朝が明け、空は澄みわたっている。前方に鶏冠山の奇怪な岩峰を仰ぎながら、笛吹川の左岸につけられた林道を歩いて行く。しばらくして西沢の出合に着く。いつの間にか立派な吊橋ができ上がっており、がっかりしてしまう。
 東沢の下流は積雪期の遡行は無理なので、そのまま岸につけられた林道を歩いて行く。足許に深く切れ落ちた清流は冷たくかがやき、8年ほど前に遡った時の憶い出が走馬燈のように蘇ってくる。あの時は真夏の暑い盛りだった。大きなキスリングを背負って、次はどんな渓の姿に接することができるだろうと期待に胸をはずませながら歩いた。そして夜、笛吹川のせせらぎのそばで渡渉でびしょ濡れになった衣服を焚火をしながら乾かし、燃え上がる炎の先を見つめながら友と語りあったことが懐かしくおもわれる。そしてその時は6人でこの渓を遡ったのであるが、その時の仲間はすでに山岳部を去り、現在残ったのは私一人であり何んとなく寂しい感じがする。
 例年に較べ雪が非常に多い。清兵衛沢、ほら法螺ノ貝沢など興味ある沢を見送ると青氷した乙女の滝や西のナメが右岸に現われる。西のナメでは1パーティ氷雪技術訓練を行なっている。そして左岸には骨組みだけの吹きさらしの東沢小屋がたっている。冬にここから先へ入るのは私達3人にとってはじめてである。ここからは踏跡は消え激しいラッセルが始まる。歩けど歩けど釜之沢の出合に着かない。けだるい行軍が延々と続く。交替でラッセルをするけれど息切れが激しい。陽が差しこんで暖かいのがせめてもの慰めである。東沢小屋からは夏の5倍近くの3時間半も費やして、1時半にようやく釜之沢の出合に着く。
一の滝(F1)は夏は滑べ滑べした一枚岩の登れそうもない滝であるが、今は雪壁となっていて左側より簡単に登り越える。干丈のナメに着くとラッセルはなくなり、解放された気分になる。花崗岩の深くえぐられた自然の造形の美しさはいつ来ても感嘆させられてしまう。美しき一枚岩は純白の雪でおおわれ、滝壺や流れの激しいところだけは雪が切れ、澄んだ水がさらさらと音をたてて滑って行く。雪と岩と水の繰りなす情景は春のように長閑かであり、自分も真綿のような雪に包まれて水の流れの中に溶け込んでしまいたいような気分になってくる。西沢も東沢の支流である金山沢、信州沢も伐採と崩壊で見るも無惨な姿に変貌してしまっている。残された釜之沢は現在の姿を壊さないで、いつまでもそのままにしておいて欲しいと訴えざるを得ない。しばらくしてF4に着く。右側から取付いたものの一枚岩の上に薄雪がついており、崩れ易くて登れない。仕方なく右側より大高巻きする。4時頃両門の滝(F5)に着く。西股はすばらしい氷瀑となっているが本流は氷結していない。氷瀑を期待していただけに少々がっかりする。大きな滝壷の手前の高台にツエルトを設営する。夜は満天の星。冷え冷えとした銀色の夜空にオリオンが透明な光を放っている。

2月2日(曇のち雪)
 空はどんよりとしており、天気はなんとなく崩れそうな気がする。両門の滝は右側より取付く、雪が非常に崩れ易く、注意しながら慎重にここを越える。すぐにF6が現われ、ここで沢は大きく2つに分かれる。右手はマヨイ沢であり、本流は左手である。薄雪をかぶった中間の岩稜を登り滝上に出る。F7も期待に反し氷結しておらず左側の岩稜より越える。今までのところ枝沢にはすばらしい氷瀑がたくさんあったが、本流には全然なく、どちらかと言えばラッセルが多い。
F7から先はしばらく滝はなくなる。ここより夏はゴーロ歩きが続くのであるが、冬の今は岩と水と倒木とラッセルに悩まされる歩きにくい道だ。一度は腰まで水に浸り、冷たい思いをする。途中、間違った道標に惑わされてガラバ沢に迷い込み、貴重な時間を大幅に空費してしまう。またこの頃、持病の腕のしびれが悪化し苦しい思いをしたりする。ガラバ沢の出合いからは雪の深い奈落の底のような所を胸までもぐる苦しいラッセルを続けながら遡って行く。雪がしんしんと舞い、谷はツガの原生林の中に静かに沈んでいる。重くのしかかる深淵。皆んなこの深淵から逃がれるために必死に頑張る。悪魔のような霧が立ちこめる頃、釜之沢の最後の滝である大ナメ滝に着く。もうあたりは薄暗く、皆んな疲労しているので本来ならばこの滝の登攀は明日にすべきなのかもしれない。しかし、皆んな今日はどうしても甲武信小屋でゆっくりと眠りたいと思っているので、頑張ってここを越えることに決める。そこで左側より取付いたものの氷結しており、暗闇の手探りは危険きわまりない。無理は避けて大ナメ滝の登攀は明日へ持ち越すことにする。そして少し下ったところの緩斜面にツエルトを設営する。

2月3日(晴)
 衣服も半シュラフも湿っぽく夜は深々と冷え込む。ガタガタと震え一睡もできず寒い夜が明ける。大ナメ滝はステップカッティングで左側より登高する。滝の中段より左の森林帯に入る。ここより左手の沢へ行くべきなのに錯覚を起し、支尾根をどんどん登って行ってしまう。いずれじきに稜線に出るだろうとタカをくったのが大間違いで、はじめのうちは歩き易かった道もシャクナゲが密生しとても前へ進めなくなってくる。こんな間違いをするなんて油断以外の何物でもない。仕方なく大ナメ滝の上まで戻り、左手の沢に正規の道を見つけたものの時はすでに遅く、時計は11時を指している。夏だったら、ここから甲武信小屋まではものの30分ぐらいだろう。しかし今は雪深く、下りに予定している戸渡尾根のラッセルもおぼつかない。帰りの日が一日遅れており、もうこれ以上帰りを遅らせるわけにいかない。涙をのんで往路を引き返すことに決める。
 稜線を間近にして引き返すのはとても辛い。疲れた身体で黙々と下って行く。原生林の中のヒガラの歌もいつもは私を励ます友達なのだが、今日は何度聞いても悲しい歌としか聞こえてこない。
 瑠璃色をした冷たい水の流れと真綿のような雪、それに氷結した峭壁のひとつひとつに別れを告げて行く。暖かだった冬の陽もだんだんとかげり、やがて冷たい夜となる。午後6時、ようやくにして西沢渓谷入口の茶店に着く。登りきれなかったくやしさは消え、解放感だけが私を大きく包みこむ。